2011年08月02日

高校野球全代表揃いました。

昨日の大阪大会で全ての代表が出揃った高校野球。その大阪の決勝は
ありえない展開でございました。一方は名門であり全国優勝の経験も
持つ大阪桐蔭、一方は春夏通じての初出場を目指しています
東大阪大柏原(かしわら。かしわばらではない)。
1回に東大阪大柏原が先制をしましたが3、4回に合計6点を入れる
大阪桐蔭。貫禄という感じがしました。今回はワンサイドになるのかな…
と思っていたであろう状況。ところが7回、東大阪大柏原が3点を
返しますと状況は徐々に変わってきます。8回にさらに1点を返し
4回に1点を獲っていた事もありまして同点に。そして9回。
スリーベースによりサヨナラのランナーが東大阪大柏原に出ると
大阪桐蔭は満塁策を敷きダブルプレイでの延長戦突入を狙います。
大阪桐蔭の投手が投げたその球は…バッターの腕に当たってしまいました…
死球。押し出し。ゲームセット。信じられない結末を甲子園へと導く
マモノは用意しておりました…。

東大阪大柏原を率いるは田中秀昌監督。詳しい人はピンと来るかも
しれません。1993年のセンバツ。上宮高校を率いて優勝したのが
この田中監督です。上宮といえば1989年に元木、種田等のスターを
擁して決勝まで勝ち進んだのが印象に強いですが優勝したのは1993年。
これまでもちょくちょく頭角は現しつつありました。しかしそこは
大阪の強豪だらけの厚い壁に阻まれまして甲子園に進む事はなかなか
出来なかった訳ですな。名将の采配に期待を致しましょう。

さてその東大阪大柏原は男子校です。芸能界でも有名な人々が
卒業しています。今年にアースマラソンを完走した間寛平さんや
板尾創路さん、さらに世界一のニューハーフになったはるな愛さんも
ここの出身なのです。ちなみに最初は逆に女子高でしたが開校1年で
共学になりその6年後に男子校に。一体何があったのか…?
プロ野球では山田和英氏(元阪神)、阿南徹投手(オリックス)、
久本祐一投手(中日)がここの出身です。皆投手ですな。

これでいよいよ次は組み合わせ抽選でございますがこの抽選は…
明日に行われる事になっています。開会式は6日9時から。
それ以降は皆8時からの試合開始です。節電という事で少しでも
早い時間から始める次第。決勝戦も9時30分からです。
昼御飯を食べる前に終わっているかも?

しかし昨日は驚きました。忘れた頃の地震でございましたからね。
震度は震度5弱が最高でM6.1でした。11人がケガとの事です。
遠い所では鳥取にまで震度2の地震が来たそうでかなり幅の広い
地震だった事が窺えます…。余震は今後1週間が注意らしいです。

最後になでしこジャパンが国民栄誉賞受賞決定との事。まあこの賞は
W杯優勝のおまけみたいなものですね。それよりも他についてきた
女子サッカーでの助成増加の方が余程選手達には重要です。
これにより女子サッカーがやり易くなる環境になれば良いという訳。
環境では欧米が優位ですからね少なくとも(しかもその欧米ですら
大変な部分があるというのが女子サッカーの厳しさ…)。一応代表には
今までも助成金10万が支給されていたそうですが増額らしいです。
これはTOTOの収入で行われていたらしいですよ…初めて知りました。
一応やっていたのですな。少しは。

では今日はこの辺で失礼を。また明日。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:53| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。