2011年08月24日

業界大震撼。

昨日の午後に突然流れたニュース速報。ある意味総理大臣の辞任より
驚いた人もいるかもしれません(総理は辞める日も決まりましたし)。

芸能界に君臨してきた島田紳助氏が突如、芸能界引退を表明しました。
暴力団関係者二名と付き合っていたというのがその理由でうち一人は
渡辺次郎氏と言われています。渡辺氏の場合は芸能界にも深く
関わっていたのであまり問題とはならないと見る事ができます。
つまりここで問われたのは他のもう一人という事でしょう。
芸能界引退については昨日付けですので今日通常の番組で氏を
見る事は今後復帰等行わない限りは無い事となるでしょう。
島田氏の事ですので今まで稼いでいるお金については巨額のものと
なっているでしょうし事業家としての顔もありますゆえ恐らく今後も
金銭的に困る事は少ないと思われます。大橋巨泉氏のような引退も
考えていたと言われていましたがまさかの黒い噂での引退となりました。
理想とはかけ離れた形の突然の話でございました。

島田氏といえばいくつもの番組レギュラーを持ってもいます。ヘキサゴン
での成功を機にプロデュースもかなり多くなっていました。これらの
仕事についても一斉終了となるでしょうから関わっていた人々は
人生の岐路に立たされる事になる事は容易に想像が付きます。
各テレビ局は改編時期直前での事件ですので混乱している状況。
多くの番組は島田氏の個性で動いていった感がありますので多くの番組が
打ち切り、仮に続いたとしても程なくして放送終了となると思います。
続く可能性があるのは開運!なんでも鑑定団くらいでは…?あの番組は
石坂氏がいればなんとかなりそうですし他の人が見つかればお宝で
どうとでもなる感じもします。

さて、ここで見る側が注意しなければならないのはこういう事件が
起こるどさくさに紛れて報道を一切されずに消えてしまう可能性がある
事件が生まれてしまう事です。そういった事件に対して庵達は貪欲に
知る必要があります。例えばメディアは近頃韓国について悪い部分を
殆ど報道しません。自民党の議員が鬱陵島を視察しようとしたら
入国拒否を受け、その後一般の鬱陵島に行こうとした日本人も
乗船拒否の処分を受けている事についてご存知の人はどのくらい
いるでしょうか?
さらにフジテレビが特に韓流の番組、もしくは宣伝する事を盛んに行って
いますがこの頻度が多過ぎる事が原因で2回に渡り大規模な(1回目
2000人、2回目6000人と目される)公共の電波を私物化・
偏重利用している事に対するデモがお台場で起きた事はご存知ですか?
デモについてはアッコにおまかせ!やごく一部でのみ報道されましたが
ニュース番組での報道は皆無に等しいのです。結果引き続き何事も
なかったかのように変化も起こらずに物事が進んでいく訳です。
重要なのは…マスコミというものは情報操作を行う事が出来るという事を
念頭に置き、流されぬ自分の意見をしっかりと持ち、不満に思う事が
あらば該当局の不視聴、スポンサーへの不買運動、デモへの参加等行える
手段を講じるのがよりよいと思われます。もっとも不視聴については
ビデオ・リサーチの機械で調査するので直接意味無しかもしれませんが
空気を広げれば調査する機械を持っている人にも広がり結果的に
影響を及ぼす事になるでしょう。ですので正式には見ないように
呼びかける事が必要という事でしょうね。あと録画にとどめるとか
(視聴率の中には録画は入りません。どうしても見たい場合が
ある場合はビデオ機能で見るというのも手としてあるかも。まあ
これは庵の想像の範囲内なので詳しくは分かりませんが)。
デモを格好悪いと思う風潮があるそうですが今の人々は逆にあまり
行動しなさすぎだと思います。政権の状況が不甲斐ないのにデモが
起きたという話はあまり出てきませんし(とは言ってもこれもメディアが
全く報道していないという現実がありますが…ネットでは結構動画が
上がっていたりします。数十万人が行動しなければ取り上げられないので
しょうかねこの国では…ある意味中国と同等、もしくはそれ以下だと
日本のマスコミについては思います。各局による相互監視体制、国による
偏重放送の監視等放送を私物化しない為の方法を考えるべきでしょう)。

もう一度復習しますと、一つの物事ばかりに縛られてはならないと
いう事です。祝う事は祝いつつ(なでしこJAPANね)、
知りたい事はちゃんと知っておきましょう。

今日は真面目風味でお届け致しました。ではまた明日です。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:43| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。