2011年10月24日

とうとう降格。

Jリーグで今年最初の降格チームが決定しました。
ダントツの最下位となっていました福岡です。27、28節では
勝利を収めて意地を見せていましたが29節と今節(30節)で
連敗。これにより一昨日勝ちました降格圏外の浦和を抜かせない事が
確定致しました。また次節の結果次第では現在浦和との勝ち点差が
11ある山形も降格となります。

一方、J2はあと7試合残っております。この中で特に昇格を
争っているのが主に5位までのチーム。F東京が64で優勢。
J2番長と呼ばれる鳥栖が57でそれに続きます(但し鳥栖は
財政面での問題がありますのでこれを解消出来なければJ2に
とどまる事になります)。3位には徳島が。前は最下位だったんだぜ…
信じられない成績を残しています。その徳島と争うのは勝ち点2差で
札幌、さらに2差に千葉。ちょっと離れて千葉から4差に栃木です。
ここまで合計で勝ち点8差。まあ現実的に考えて千葉までが
昇格争いに絡むでしょうかなあ。ちなみに栃木の後には2差に
東京Vと湘南、さらに北九州がおります。

さて、甲府は昨日清水と試合を行いまして0−3で完敗しました。
清水は気付いたら天皇杯を含めて12戦無敗となっているようです。
引き分けも結構ありますが負けない事は良い事でしょうね。
得点シーンで特に印象に残ったのはやはり3点目です。遂に初の
共演を果たしたユングベリ、小野、高原の3選手。なんとも
贅沢な布陣(一頃昔ならまず考えられない。しかし財政面で不安に
なる…それが清水の弱点でもあります…大分の例もありますし)で
後半を戦った清水はユングベリ選手が右サイドを駆け上がり
大前選手とのパス交換。ユングベリ選手が甲府の選手を引き付けると
ボールはノーマークになっていた小野選手に。小野選手は大前選手に
パスを送って1対1から大前選手は落ち着いてゴール。
見ていて味方には感嘆を、相手には衝撃を与えるシーンでした。
なんせユングベリ選手がボールを持つと獲られません。
ストライカーという訳ではないのでゴールの方での過度の期待は
しない方が良いでしょうけれども繋げる役割においては
ボールに触ると何かを起こしてくれるかもという期待感があります。
ちなみに小野選手が以前に左サイドに行くと見せかけて右の方に
ボールを蹴るというユングベリ選手の技を行おうとしていましたが
見事に…失敗していましたw小野選手をもってしてもなかなか
マネ出来るというものでは無いようです。
清水のサポーターとしては高木選手が先制点を決め、小野選手の
見事なミドルシュートでの得点もあり、最後はこの繋がるゴール。
さらに無失点で試合を終える事も出来たのは好い事でした。
しかも清水はこれでベストメンバーではありません。前の試合で
退場になったヨン ア ピン選手がこの試合は出られませんでした。
この選手も北京五輪でのオランダ代表です。まあただ…8試合で
イエローカード5枚は多いですな…参考までに清水のイエローカードを
貰う事で定評のある岩下選手が25試合で7枚です。岩下選手に
しては少なめかなという感じがします。これは成長でしょうかな?
去年までの成績が分からないので良くは分からないですが。
イエローは貰いすぎると罰金の対象になるので気をつけて欲しいもの…。

では今日はここまでです。また明日。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 12:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。