2011年10月25日

交際とな…?

ゴルフの石川選手が交際を結婚を前提にしているという
情報が昨日出て参りました。3年間付き合っているという事で
それなりにじっくりと育んでいる感じですね。
なお、この連絡は石川選手の母親が代表取締役になっている
石川選手の個人事務所から来たのですが…この文書に
自宅・所属、関連スポンサー企業への取材自粛を求めるものが
ありました。詳しく書きますと(デイリーの原文ですね)、

「この度、石川遼のプライベートな事柄(女性との交際)に関し、
石川家及びその周辺、並びにスポンサー企業様に対して、
不意の夜間の訪問や尾行などの、社会常識の限度を超えた取材活動が
行われた事実がございましたが、当方といたしましては
かかる事態に大変困惑しております」

相変わらずのマスゴミでございます…もしやこのところの成績不調は
これが原因…?と思われても致し方無いでしょう。ゴルフは精神面の
スポーツ。それを外からの要因で潰してしまうというのは
如何な事でありましょうかね…。毎度の事ながら度を過ぎた行為を
行うマスゴミに人権を語る資格無しです。報道機関は政治家と同じく
オール実名で発言に責任をもって欲しいものでございます。

この秋冬の季節になりますと選手の戦力外の情報が入ってきます。
さらにそれを受けて引退という情報もあります。
昨日は広島の豊田投手が引退という話が出ました。庵にとっての
豊田投手はやはり西武で2年連続セーブ王になった時です。
しかしそこから人材潤沢な巨人に移籍して苦しみました…
再び表舞台に名が出るまでに結構掛かった感じがしますね。
そして今年は広島でプレーをしましたが走りが充分に
出来なくなった事により引退を決断をしたという事です。
「走れなくなったら野球選手は終わり」
この言葉は後輩の帆足投手から雑談の中で何気なく
出た言葉のようです。そしてそれは以前口を酸っぱくして
豊田投手が言っていた事なのだそうです。
今後豊田選手は指導者を目指していくとの事です。
まだまだ出来る投手なだけに惜しい部分はありますが
新たな道を進んで行って欲しいと思います。お疲れ様でした。

ドラフトがいよいよ明後日になりましたね。そんな中残念な話。
東海大の菅野投手が早くも巨人一本釣りという話です。彼ほどの
投手だからこそ本来は抽選になるべきなのを何処も獲ろうとせずに
行ってしまうのは残念な事でしょう。ドラフトで意中の球団に
ならなかったとしてもそこから活躍してその球団に成績で改めて
認められればいいと思うのです。どうもここ2、3年について
そういうのが巨人を実質的に指名する人々には欠けているような
節があります。ストレートに入るというのも幸せではあるでしょうが
どっぷりとぬるま湯に浸かっているなあという感じもまたするのです。
まあその選手(長野、沢村)が揃って新人王や打点王を獲っているという
事実は決してぬるま湯に浸かってばかりではなく研鑽を行っていると
いう事であるのかなとは思いますが。あとは巨人軍らしく紳士たれを
守らなければならないですね。それが出来ない選手はまず性根から
叩き直すべき。しかしドラフトの意味ないなあ…。

では今日はこれにて失礼します。また明日。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 10:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。