2011年10月29日

祝・1800回

まあ記念と言うほどでもありませんかw
とりあえず次の目標2000回。来年にも達成するでしょうかね。

さて、昨日書きましたドラフトの件ですが地元ニュースを
見ましたらもう一人静岡県勢での指名選手がいたようです。
オリックスが育成ドラフトの前に最後に指名したのが
川端崇義選手。wikipediaでは残念ながらまだ記述がありません。
という事で普通に検索で調べました。出身は静岡県焼津市
(西武の牧田・日本ハムの増井投手と同じ。この所焼津勢の
躍進が目立っていますな)で中学校時代は東海第一中におりました。
そこから東海大相模に入学するという昨日の鈴木大地選手とよく似た
野球留学パターン。この東海系列の中学から相模に行くという
パターンは他にもございますので要注意でございます。
東海大相模から国際武道大学に進学し、社会人ではJR東日本に
所属していました。2008年の日本選手権において優秀選手に
選ばれています。社会人においての三大大会において三本塁打を
打ったことによりこの年に社会人ベストナインに真っ先に
選ばれた逸材です。ちなみに豆知識。2006年の大学日本代表選手
22人がおりますが…実は川端選手が入った事でこれに選ばれた
選手が全員プロ入りを果たした事になります。

ここからつけたし。高校時代には甲子園出場経験は
ありません。国際武道大では2年の秋と3年の秋の2回
首位打者を獲りました。打者のベスト10の常連であったとの事。
ベストナインに選ばれる事4度。3年秋には5本HRも打ち、
4年春ではチームを優勝へと導きましてMVPをも獲りました。
ちなみに国際武道大は千葉県大学野球連盟所属。
近畿大学との試合では大隣投手の連続自責点の記録を43 1/3
イニングで終了させるタイムリーを打っています。

社会人になりましても活躍が続きました。1年目の春の京都大会で
打撃賞。ベストナインを獲ったのは2年目の事でした。この時に
日本ハムが狙っているという噂はありましたが結果は無し。
パンチ力は長野選手以上との評価もあります。50mのタイムは
5秒9。見た目以上の脚力との事。目標とするは巨人の谷選手。
走攻守三拍子揃ったプレーが期待されているとか。日本ハムが
入れなかった理由は守備力のいい選手が他にいたり育てたい選手
(中田選手とか)がいたからでしょうね。オリックスならば
狙えるでしょうか…?社会人であるという事は当然即戦力で
行ってもらいたいという事。期待をしたいものでございます。

今日はプロ野球ではCS、サッカーではヤマザキナビスコカップの
決勝、ラグビーも開幕戦という訳で色々と目白押しになっています。
中でもラグビーはどうなるか未知数になっています。名称と名高き
清宮氏を監督に迎えたヤマハ発動機ジュビロ。士気は高い状況に
なっていると思います。優勝争いはパナソニック、サントリー、
東芝、神戸製鋼と言った面々らしいですがこれらのチーム相手に
何処まで渡り合う事が出来るでしょうか。今年は幸いにもラグビーW杯の
影響により開幕が2ヶ月遅れています。これはヤマハ発動機ジュビロに
とって好都合です。この間にチーム作りを行えた訳ですので…まあ
他のチームも全てそうなのですけれども。

では今日もいつも通りにて終了。また明日です。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:34| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。