2011年11月06日

とりあえず速報から。

大道芸W杯の昨日の来場者は58万人との事です。
55万人+31万人+58万人=145万人ですねここまでで。
20周年効果で観客は確実に増えているようです。
惜しいのは本日の天候がバリバリの雨であるという事…。
これが無ければもしかしたら久々の200万人達成も
あったかもしれません。それでもここ近頃の160万人前後は
突破する事が出来そうですね。ちなみに15周年の時は228万人が
訪れたらしいです。静岡新聞の記事に来場者数の統計がありましたゆえ
記入しておきましょう。

第1回の1992年が110万人。翌年に早くも165万人前後に
なります(棒グラフなのではっきりと分からないです)。第3回は
110万人に戻り第4回は150万人。翌年は数万増加。
第6回、7回は170万人前後か。第8回には180万人に
乗っかったと推測。第9回と第10回は伸びず160万人近辺に。
第11回になり初めて200万人寸前になりました。
第12回は逆に150万人を切ったと思われます。
絶好調(天候が良かった事や日程が5日間あった事等)により
第13回、遂に219万人来場者数は増加しました。第14回も
198万人に。そして第15回には228万人にまで来場者は
増えました。第16回は180万人手前か。第17回は195万人と
思われます。第18回155万かね。第19回は162万人との事。

ちなみに県の統計によると県外からの来場者は14〜18.7%
だそうです。あと13〜15回は県の統計資料なので確実。
棒グラフではっきりとしている所や他の記事があった所は
ほぼ確定という感じではっきりと記入していますが逆に資料が
棒グラフのみではっきりと分からない部分はオブラートに包みました。
よって実際の資料がありましたらそれとかなり違う部分があると思います。
ご了承願いたいと思います。また確かな資料がありましたらご連絡
下さいませ。個人的に完璧な人数を知りたいので…。
しかしこうして見ますと大道芸W杯の凄さが分かるものですね。

さて、今日は…昨日のCSです。西武の夢は残念ながら潰えました。
昨日のソフトバンクとの試合で延長12回の攻撃を終えても西武は
ソフトバンクに対しリードを得る事が出来ませんでした。10回
2アウトで涌井投手がタイムリーを浴びてしまい同点に追いつかれた。
これがあまりに痛すぎました。これにより引き分けが確定。CSは
6戦までしか行われないと言う事になっています。同じ成績の場合、
シーズン上位が次のステージや日本シリーズに進む事になっています。
これによりソフトバンクの日本シリーズ行きが決定した訳です。そして
悲惨としか言いようが無かったのは抑えで投げていた牧田投手でした。
引き分けでも何にもならない…将に消化試合なのです。モチベーションが
低下しない訳が無く二塁打、敬遠の後同点タイムリーを放った
長谷川選手にサヨナラタイムリーを打たれました…。牧田投手は
第2戦でも初球を松中選手に運ばれてグランドスラムを被弾と
なったりといい事が全く無かった2ndステージでした…。
これであとの興味は…中島選手のメジャー行き、牧田投手の新人王
獲得なるかと選手の年俸がどこまで落ちるのかという事ですな…
特に涌井投手や岸投手等は期待された役割を果たせませんでしたので
大幅な減給は避けられないでしょう。その分中継ぎ陣以降やベテランの
西口、帆足投手辺りに振り分けなければなりませんな。あと中村選手も。

本日はこの辺で失礼します。ではまた明日。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 09:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。