2011年11月07日

無事閉幕しました。

大道芸W杯は昨日雨に祟られてしまいましたがそれでも
29万人が集まり(4日間の中では一番少なかったですが)
駿府公園(なんでも駿府城公園に改名するらしいです)で
ファイナルステージが行われました。このステージは過去の
チャンピオン5組がまず演技をしていたようです。この時庵は
丁度…夕御飯を食べていたので家。しかし見に行こうとは
思っていたのでした。しかしうかつな事に…ファイナルステージの
開始時刻を知ったのはもう始まって30分経った17時。
熟慮をした上…雨が止んでいる事と依然行ったときも終わったのは
19時以降だったような気がしましたので行く事を決めました。
なお、映像のみでの配信も行われていたのですが(ここで現在
過去の王者が演技している段階である事を知る)音声が流れないので
個人的には論外でございました。

出発したのは18時前。かなり急いで歩き、走りました。正直言って
他の人に比べて運動不足…!という現実。足に相応の負担をかけつつ
多分40分後にようやく会場に。実際はもうちょっと短かったかも
しれませんが足の疲れがあって長く感じているのかも?

会場は大きいビジョンがありましてこれが一般の人達が見る事の
出来るものとなっています。数年前までは無料で見られましたが
プレミアムステージの方で有料公開されるようになったゆえ
こうなっている次第。それでも周囲には沢山の人が結果を
待ち受けています。そのさらに周りには数え切れない屋台が。
ここで何かしら買おうとしても間違いなく迷うでしょうな…。
ちなみに庵が到着した時には既に5組の過去の王者の演技が
終わっていました。後に残り1組は今年の三賞に選ばれた人の
アンコールとなる演技の前に行われるという事が判明。いわば前座?

さて三賞の発表。ブロンズはバレエ オン ザ ショルダー、
シルバーはドルミカーズ。そして栄えあるチャンピオンは
デュオ ストラホフとなりました。彼らのアンコール演技の前に
まず残り1組の王者が演技を行います。彼らの行うのは
巨大シーソーを用いたアクロバットです。2005年王者、
トリオ チャーサール。きっちりと場を盛り上げる仕事を行います。
そしてここからは今年の三賞受賞者の演技に。バレエ オン ザ
ショルダーはその名前の通り。バレエを用いつつアクロバット。
柔軟な身体で女性が男性を支えにして逆さで立っている訳ですが
ご多分に漏れず男性の頭だけとかと言う具合に狭いです。
ワールドカップレベルでこれは良くある事だったり。
続いてシルバー。ドルミカーズはマッドサイエンティストと
沢山のゾンビ達によるコメディーがふんだんに用いられたアクロバット。
そういえば今年は三賞共にアクロバット系ですか。しかし彼らに
ついてはコメディー色はかなり強いです。効果音がとにかく飛び出ます。
効果音と音楽に合わせて演技をするゾンビ達。それを振り回すのは
マッドサイエンティスト。彼の手の内でゾンビは動いていきます。
しかしハプニングも。演技開始前に一般の観客に感想を求めたら…
面白くないという子供がいましたwまああのゾンビの格好で
来られたら子供は怖い方が先に行くのかもしれませんね。

そして最後は栄えあるグランプリ。デュオ ストラホフはウクライナから
来ましたやっぱりアクロバットです。しかし驚くべきはやはり
演技の内容でした。ちょっとしたコミカルさを出しながらもやる事は
物凄いです。支えがジュースの瓶の部分だけだったりと桁外れに
支えとするものが小さいのです。なんでも20年以上もこの大道芸
一筋だったのだそうでその成果が離れ業を可能にしたという事
なのかなと思ったりしました。

最後になりますと実行委員長がバルーンで空を舞ったり、他の人が
蝶に扮してやはり空を舞ったりと色々と起こってきます。最後は
この大道芸W杯恒例の5本締め。人差し指だけで一本締め、
次は中指を加えて2本の指で、次は薬指を加え、次は4本、最後に
手全体で力を込めて一本締めという具合に行います。最初が
小さい分後の迫力は半端ないです。これを行って大道芸W杯も終了。
と、同時に後ろの方では喊声が。大道芸W杯では800〜1000人の
ボランティアの方々が活躍しているのですがその人達の打ち上げと
いう事なのでしょう。今年も一つ成し遂げたという達成感が
周囲を包んでいたと思います。4日間の来場者数は173万人で
去年を11万人上回りました。来年は11月の1日から4日の開催。
来場者数は少なくなりそうですね。祝日・土日が2日しかないので
(今年は企画に加えて祝日・土日が3日あった分増えたと思われます)。

かくして今年も終わりました大道芸W杯。その後も余韻に浸り
帰った頃には…中日が日本シリーズ出場決定となっていました。
おめでとうございます。今年は2年ぶりの1位同士の対決ですな。
団結力が上がった中日と総合力で凌駕するソフトバンク。どちらが
日本シリーズで優勝してアジアシリーズへの挑戦権を得られるのか
注目でございます(今年はアジアシリーズは台湾で開催されます。
今までとは違って難しくなりそうな気がしますね)。

では今日はこれにて。また明日ッス。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 10:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。