2011年12月06日

昨日書いた件について。

Jリーグの来年の仕組みについてもう一度復習をしてみるという
訳でございます。来年は本当に変動が激しくなると思われます。

まず来年J1に所属するチームは 柏レイソル 名古屋グランパス
ガンバ大阪 ベガルタ仙台 横浜F・マリノス
鹿島アントラーズ サンフレッチェ広島 ジュビロ磐田
ヴィッセル神戸 清水エスパルス 川崎フロンターレ
セレッソ大阪 大宮アルディージャ アルビレックス新潟
浦和レッズの残留組に加えてJ2から昇格するFC東京 
サガン鳥栖 コンサドーレ札幌で合計18チーム。

来年J2に所属するのはJ1から降格したヴァンフォーレ甲府
アビスパ福岡 モンテディオ山形に徳島ヴォルティス
東京ヴェルディ ジェフユナイテッド千葉 京都サンガF.C.
ギラヴァンツ北九州 ザスパ草津 栃木SC ロアッソ熊本
大分トリニータ ファジアーノ岡山 湘南ベルマーレ 愛媛FC
カターレ富山 水戸ホーリーホック 横浜FC ガイナーレ鳥取
FC岐阜。さらにJFLからの昇格組で松本山雅FC 町田ゼルビアが
加入して来年は22チームで構成されます。

J1とJ2のチームについては来年からプレーオフの形になります。
自動昇格はJ2の上位2チームのみ。J1は今まで通り3チームが
自動降格となります。で、余った一つの椅子を争うのがプレーオフ。
J2の3位から6位のチームがトーナメント式で1発勝負。
3位−6位、4位−5位で準決勝を行い、勝利したチーム同士で
決勝を行います。場所は準決勝は上位チームのホームで行われて
決勝は中立地で行うとの事。90分で決着がつかない場合は
上位チームに次へ進む権利が与えられます。下位チームは勝利しか
道がないというハンデを負う事となりますね。またチームがJ1へ
進出する為の条件を満たせなかった場合、そのチームが1、2位の
場合はJ2からの自動昇格枠が減ります。J1にとっては助かる展開。
3位から6位の場合はトーナメントでの相手が減る事となります。
この場合は上に書いた組み合わせは変動すると思われます。

来年JFLに所属するのはSAGAWA SHIGA FC AC長野パルセイロ
V・ファーレン長崎 Honda FC ツエーゲン金沢
FC琉球 ホンダロックSC 栃木ウーヴァFC
カマタマーレ讃岐 佐川印刷SCは確定。一方、ソニー仙台FCは
大震災の影響で試合に出られる数が大幅に減少、ジェフリザーブズも
活動停止。共に来年JFLにはいないという事になります。
残留の残り3枠は4チームで争っています。ブラウブリッツ秋田
横河武蔵野FC MIOびわこ草津 アルテ高崎の4チームで
勝ち点的にアルテ高崎やや不利ですが1しか無い勝ち点差。
どうなるかは分からないでしょう。ブラウブリッツ秋田は逆に
引き分け以上で残留決定です。この残留争いで敗れた1チームが
この前に行われた全国地域サッカーリーグ決勝大会で3位の
HOYO AC ELAN 大分と入れ替え戦を行います。ちなみに去年は
ホーム&アウエーで試合を行っていますな。そして最後に
Y.S.C.C(NPO法人 横浜スポーツ&カルチャークラブ)と
shizuoka.藤枝MYFCが加わって16チームで構成されます。

そしてここからが重要。昨日J2とJFLの入れ替え戦について
書きましたがこの条件がどうやらJ2が22チームになるというもの。
つまり来年、その条件が満たされる事になるのです!
昔のブログ記事によると上位3チームと下位3チームが入れ替えと
いう風に書いていました。が、正式な話はまだ出ていない感じが
しますのでサッカー協会の勅令待ちというところですね。来年の
サッカーも始まるのは早いので素早い連絡が望まれます。J2・
JFL間の入れ替え戦の有無に関わらず。でもJFLからJ2行きを
望むチームは今後も増える事が予想されるので多分行われる事に
なるのではと思っていますが…。どうなりますかな…?

では今日はこれで終わりです。また明日。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 13:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。