2011年12月19日

本気のバルサ。

昨日のクラブW杯の決勝は物凄い試合になりました。
嘗てあれ程の差を見せ付けたチームがあったでしょうか。
しかも相手はスター選手がいるブラジルの名門チーム。
流石に決勝は一筋縄ではいかない。そう試合開始前までは
思っていたのです。
そして試合が始まりますと…動きが前の試合よりもさらに良く
なっていたバルセロナがいました。例の如くパスが繋がります。
そんな中、少しでも隙があると容赦ない攻撃が繰り広げられます。
サントスは反撃しようにも出来ない展開が続きます。とにかく
バルセロナがボールを持ち続けているわけです。
そんな中、先制点を決めたのはやはりエースたるメッシ選手。
前半17分のゴールをきっかけにシャビが、セスクが次々と
ゴールを決めて前半だけで3−0。完全にペースを掴みました。
水の様に流れるパス回しからの攻撃は観客68166人を
魅了するものでした。後半になりますと点は入らなくなりましたが
それでもペースは変わりません。時々ネイマール選手が決定的な
場面を作りますがいち早くバルセロナDFがクリアしたりGKの
ファインセーブもあったりで反撃が出来ません。そして
試合終了間近。再びメッセ選手が攻めあがります。飛び出してきた
GKをジャンプでかわしてシュート。微妙にミスをしていた
らしいのですが…全くそんな感じが見えなかったです。これが
決まって4−0。このまま試合は終わりました。結果バルセロナが
数字以上の圧勝を見せて今年のクラブW杯は終わりました。
この試合、3位決定戦と同じチケットで試合を見られたそうで
大変お買い得なものとなったかな。今のみならず昔を含めても
最強と言われるチームの真髄を見られるのならば。
しかし恐ろしいチームでした。アル・サッド戦で殆どアル・サッドの
方が動けていない時は堅める作戦なのかなと思ったのですが
今回の決勝に関してもバルセロナは終始動きボール支配率は
70%を越えました。サントスをもってしても何も出来ないと
いう事。打ち破れるチームはいるのでしょうかね…?
まあ厳密に言えばあったのですが。アウエーでヘタフェという
チームに敗れているのです。ヘタフェはこの試合でCKから
得点を挙げその1点を守りきっています。とは言ってもこの
試合においてもやはり圧倒的な支配率だったとか。
真の意味でバルセロナを倒すようなクラブは当分出てきそうには
ないかな…と思う昨日の試合でした。なお柏はPKで敗れてしまい
4位となりました。実況フラグ立てんなw柏は決定力が無く
ゴールを逃してあとは流れで決まりました。
さて、来年のクラブW杯は被災地でも行われるとか。被災地の方々は
プレーからやる気を感じて元気になってもらいたいですね。また、
2014、15年の大会についてはモロッコ(アフリカですよ)で
行われることになったという事です。まあしかし面白かったです。

本日はこれにて失礼致します。また明日…。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。