2012年01月03日

今年の注目は既にシード権。

なんせ東洋大学が強すぎます。柏原選手がいなくとも充分
優勝を狙える程の力を見せ付けているのです。
6区の山下りでも東洋大学の市川選手が区間賞を取りますと
7区の設楽選手は佐藤悠基氏の区間記録を超える記録をマーク。
さらに8区の大津選手もあと数秒で区間記録に迫る快走。
最早ここまで来て東洋大学の狙いは新記録へと代わりました。
あまりに圧倒的な力を前に見所はシード権へ移りました。
そのシード権と言えば…毎度11位に縁がある事で御馴染みの
城西大学が有名ですが今年は現在6位になっており大学史上
最高位になる可能性があります(過去最高位は6位なのですぐ前に
いる青山学院大学を抜く必要がある。なお、青山学院大学も
過去最高位のチャンス)。安心して戦況を見る事が出来る状況ですね。
少なくともシード権に関しては。

さて、そのシード権の状況ですが…7位に山梨学院大学、8位は
中央大学、9位は國學院大學、10位に順天堂大学が上がりました。
11位は関東学連選抜。さっきまで10位でしたが順天堂大学に
抜かれたようです。恐らくこの5チームにより残りシード権4が
争われる事となるかなと思われます。東海大学は12位ですが
タイム差がちょっとあって厳しいかもしれません。しかしまだ
1区間と少し残っているので意地を見せたいものでしょうね。
意地と言えば東京農業大学でした。昨日の5区で恐らくリタイヤでは…
と思いましたが5区を受け持つ津野選手、何とか東京農業大学の襷を
ゴールする事で繋げました。この粘りは素晴らしいものがあります。
なお、時間はかかってしまいましたので放送が途中で打ち切りになって
しまったのはしょうがないでしょうかな。昔は全区間放送もされて
いませんでしたしね。

と、ここまでが昼御飯で一旦ブログの書き込みを中断する前の話。
9区ではようやく他の大学が区間賞を獲りました。そしてシード権
争いは…10位と11位の差がかなり大きくなりまして実質
10区の前に勝負が決まったという感じになりました。
そんな訳で唯一の話題は繰り上げスタートがどのくらい出てくるのかと
いう話になりましたが結果的には上武大学、関東学連選抜、東海大学、
日本体育大学が繰り上げスタートを余儀なくされました。最後の最後に
神奈川大学の選手が倒れてしまいましたが本当にギリギリで間に合い
最後まで襷は繋がりました。凄まじい執念を感じました…

その後東洋大学は無事にゴールを果たしました。大会新記録を獲っての
ゴールでした。今後これ程の記録は出てきますかな…?以下、2位に
駒澤大学が入り、3位には最後に鎧坂選手をもってきた明治大学が。
4位は早稲田大学でした。敗れた大学は来年の優勝を目指したり、
シード権を狙ったりと様々でしょうね。また練習の日々が始まります。
で、出雲駅伝をきっかけにまた本番が始まっていくのです…。

では今日はこれで失礼を。また明日。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 13:37| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。