2012年01月04日

徐々に始まる普段の日常。

箱根駅伝も終わり静岡の高校サッカーも終了しいつも通りな
状況に戻りました感じですね。どうもこんにちは。

しかし箱根駅伝の東洋大学は圧倒的過ぎました。今までの
記録を9分更新だなんてもうそんな事は殆ど無いでしょう。
今後箱根駅伝の歴史に語り継がれるであろう快走でした。
今日のPONに早速優勝メンバーが出ています。こんな事は
日テレじゃないと出来ないでしょうね。

そしてあまりにも速いタイムが影響して繰上げスタートと
なる大学も4校出ましたな。日体大は実は今まで出場した回の
全てでその繰上げスタートが無かったチームだったのですが
今回遂にその記録が途絶えてしまったのだそうです。しかし
今まで63年もそんな事を無く繋げてきたという事が寧ろ
脅威であると思います。日体大は今年の予選会で65年連続の
出場を目指す事になります。

大学にとっての快挙を達成した大学もあります。青山学院大学は
5位でゴール。大学史上最高の記録を出しました。城西大学は
11位に定評のある事でお馴染みでしたが今年はそんな事を
感じさせない走りで6位。こちらも大学史上最高タイの順位。
明治大学は最後に鎧坂選手が腰痛を押しての出場で
早稲田大学を抜かして3位に。1963年に2位になった時
以来の好成績を残しました。柏原選手でどうしても隠れますが
大江選手が5区で区間2位となっています。来年の山登りの
主役はこの選手かなと思われますので要注目か。東洋大学と明治大学の
2校に共通するのは意識改革。両方ともエースがおりますがそれに
頼りっきりになっていないかを考え、明治の場合は鎧坂選手が
痛みを抱えた時に楽をさせたいと思った。その結果が好成績に繋がる
という事になったのでしょう。

今回の大会は心の強さを感じた大会でもありました。東京農業大学は
5区の津野選手が大幅に遅れながらもリタイヤせずに最後まで
走りきりましたし神奈川大学は鈴木選手が二度転倒して最早これまでと
思いましたがすんでのところで襷は繋がりました。庵的にですが
テレビの時計では明らかに2、3秒は超えていたと思います。が、
繰上げを示すピストルは鳴りませんでした。もしや審判が
鳴らすのをためらったのかなと感じます。厳密に計るのも良いですが
時には情みたいなものがあってもいいと思います。誰が言ったのかは
分かりませんがこんな言葉がこのニュース記事の中にありました。

「駅伝は人が作るものなんです」

シンプルかつ、確かな名言だなと思います。だからこそ箱根駅伝に
毎年庵らは魅了されるのでしょうね。

では本日はこれにて失礼します。また明日です。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。