2012年03月01日

1900回目。

気付いたら当ブログもあと100回で2000回の節目を迎える
事となりますね。7月の初旬から中旬の辺りか。
さて、昨日はサッカーが2試合あるという珍しい日でしたが
男子は実に残念としかいいようの無い結果に終わりまして
最終予選で強豪が相手になる可能性が出てきました。もっとも
それは自分らで作ってしまった現実な訳ですのでどうにか
自分で撒いた種は自分で取り払ってもらいたいもので。
女子の方は観客が殆どいない(というか映らない?)試合で
ノルウェーとの試合。ノルウェーにミドルシュートを決められて
先制されましたが前半が終わる直前に永里選手がクロスに
絶妙な合わせを披露して同点に追いつきました。後半では
川澄選手が勢いの強いシュート。これが相手のチーム選手に
当たりまして軌道が変わってゴールへ吸い込まれました。
このまま試合が終わって2−1。初戦を勝利で飾りました。
男子と女子の大きすぎる違いはやはり前に進む姿勢の違いと
支配率の2つ。男子の中盤はいわば体育の授業で一般の生徒が
あまりやった事の無い球技をしているという様な感じ。
阿吽の呼吸と言える事が少ないので当然繋がらぬ。それに
他の人に押し付けている結果誰もシュートを打たない。
ほぼ海外メンバーがフルメンバーでやっているとは到底思えない
ものでした。しかも相手は2軍メンバーであったとも。
この状況でこんな試合をするというのは何かしら足りぬものがあると
言われても仕方ないのではないでしょうか。金返せ的な感じです。
アウエーならまだしもホームですからな…。
一方の女子。彼女らは去年のW杯からずっと大変だったはずです。
未曾有のなでしこフィーバー。日テレ系ではミニ番組ですが
なでしこリーグの選手を取り上げる番組が出来ました。
本当に夢の様な話でしょう。しかしシドニー五輪時に
彼女達は地獄を味わいました。五輪に出られなかった事で
スポンサーは総撤退。バイトをしながらの生活が彼女達の日常。
そんな事を味わったからこそなのか精神面は強くなりました
(今でもプロ選手契約の選手はごく僅かですが…)。
やがて彼女達はパスを繋ぐという技術を発揮し始め、気が付いたら
急激に力は上がっておりました。澤選手等海外で力を発揮する
選手達が多くなり相手を前に怖気づく事も少なくなりましたし
宮間選手のような確実にボールを味方に合わせる選手も生まれました。
そしてW杯での優勝をきっかけに遂に掴んだ多くの観客(但し
一部の試合のみというのが悲しいが…)。それを手放さずこの
ブームを常態化させる為の戦いが再び始まったという事。どんなに
マスコミが取り上げても苦境を知っている選手達は油断しないでしょう。
試合に戻りますが彼女達は攻められる事はありましたが中盤は
支配しておりました。後ろに下げる部分もありましたが女子の試合は
男子よりもさらにミスが失点に直結します。ですので確実にプレーを
すると言う意味合いでこれは良いと思います。男子はミスをしても
挽回出来る可能性がありますので下げるなとなりますが(何より
攻める意識が無くなってしまうのが痛いですな)。男子も中盤の
支配力については本当に見習わなければならないでしょうな…。

では本日はこれにて。また明日の予定です。近頃地震が
多くなっておりますのでお気をつけ下さい…。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 12:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。