2012年04月05日

ブログの容量について。

レイアウトが変わる前と後でと比べましたらどうやら若干ですが
量数が少なくなっているようです。まあ大きく影響を与える
程ではないので大丈夫かなと思います。

さて、昨日はナビスコカップの予選がありまして磐田と清水、
両チームとも勝利をしました。まずは一安心です。清水は
注目の石毛選手がプロデビューを果たしましてフル出場しました。
残念ながら試合を見る事は出来ませんでしたがどうやらデビュー戦に
していきなり小林大悟選手のゴールをアシストしたようです。しかも
これが決勝点になりましたのでいきなりの活躍お見事です。これに
大きく刺激を受けたであろう他の若手選手達。白崎選手もゴールに迫り
クロスを供給します。結果は1−0。観客は約7500人。ちと
少なめとは思いましたが若き才能の塊であろう選手のデビューを
見る事が出来たというのはちょっとした自慢の一つになるかもですな。

磐田は浦和相手に大変な試合になりました。先制したのは前田選手。
公式戦4試合連続のゴールは自身初のものです。その後乱打戦と
なったこの試合、リードを許したものの後半になり、千代反田選手が
同点に追いつくゴールを決めると福岡から帰ってきた松浦選手が
逆転ゴール。しかしここから同点に追いつかれました。もうゴールは
入らないかなと思ったら山田選手がゴール。これにより勝ち越して
4−3で疲れる試合をものにしました。これで負けたら疲労度も
通常の3倍という感じでしたでしょうから助かりましたしリーグ戦の
仙台との試合にもこれで弾みが付きますね。名波浩氏は守備が
しっかりとしている事を好調の原因として挙げています。まあ
昨日はどうみてもダメだと思われますがな…。
負けて士気が下がった時にどうなるかがポイントのようです。

この一方、G大阪に続いて解任寸前の監督が現れています…
横浜F・Mの樋口監督です。去年までは木村和司氏が監督をして
おりましたが突然の解任で樋口監督が新たに指揮官となりました。
しかしモチベーションが低いのか他の原因があるのかここまで未勝利。
昨日も勝てませんでした。G大阪もそうですが…監督のクビを切るより
フロントのクビを切った方が効果があると思います。フロントや社長が
ダメな所は自然に成績が落ちてくると思います。逆に良い所は上がる事が
多いと思います。良い方の例は鳥栖や甲府、悪い方の例は横浜F・Mや
浦和、G大阪。清水も今年の成績によっては入ってしまうかもしれぬ。
だがユースはいい状態なのでそうはならないと信じたいです。それこそ
石毛選手がポイントになるかもしれません。

今日はこれにて終わりと致します。また明日お会いしましょう。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 17:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。