2012年04月06日

クラッシュ。

このところflashがcrashする事が結構多く困っております。
まあ再起動と比べればこちらがまだマシなのでしょうかねえ…。

さて、今日の話題。女子サッカーです。ブラジルとの試合ですので
当然苦戦を予想していましたが蓋を開けてみればなんと4−1の
大勝に終わりました。これによってこのキリンチャレンジカップで
優勝となりました。しかも相手はアメリカとブラジルですので
物凄い事だと思います。まあ…いわゆる時差ぼけ等のコンディションを
整えにくい要因もあったであろう事は容易に予想できます。
しかしそれを差し引いたとしても相手が手強いという事については
全く変わりがありません。現に昨日の試合でも押し込まれる部分が
結構存在しましたし。しかしそれ以外では結構日本はボールを
持つ事が出来ました。不用意なバックパスからのミスが相変わらず
あったのが気になりましたがそれを除けばよかったのかなと。
そんなこの試合は宮間選手の長距離のフリーキックをブラジルの
キャプテンがミスキックをしてしまいオウンゴールで日本が先制する
形になりスタートをしました。しかし前述通りのバックパスから
フリーキックを与えてしまいそのフリーキックがすばらしい軌道を
描き同点ゴールになります。これを防ぐのはかなりの至難の業では?
と思いましたし。そうでなければやはりブラジル代表は務まらない?

1−1で前半を折り返し後半へと移ります。やがて日本はCKを獲得。
ここで見せたのがまたしても宮間選手。長里選手に合わせるだけで
OKなボールを送り長里選手もこれに見事応えました。逆転。
さらに勢いは加速します。今度は長里選手のシュートをGKが
弾きそこに丁度居た、宮間選手がゴールを決めました。3−1。
その後のブラジルの反撃は相変わらず強いものがありました。しかし
ここでもリードを広げた日本。最後には菅澤選手がロスタイム直前に
なった所で近賀選手のクロスをそのまま蹴っていき4−1に。
実はキリンチャレンジカップ。4点獲れば得点差により逆転優勝を
果たせると知っていたからでしょう。佐々木監督は4点差をつけての
勝利をしたいと言っていたようです(4点を獲っての勝利との聞き
間違いかもしれぬが)。まあ最初の時には無いだろうなwと思って
いましたがまさか実現するとは…恐れ入りましたですね。
今回の試合では澤選手と岩清水選手が体調不良や怪我で欠場しました。
その状況で勝てるという事でやはりこれからも強いプレッシャーが
掛かってくるのでないかなあと思います。しかし女子サッカー代表は
去年よりも進化しているであろうなという事は感じますね。また
頑張って欲しいですね。最後に五輪で金メダルを獲れば完璧でしょう。
あと…メディアは適度な報道をして欲しいですな。いつもですが。

では今日はこれにて失礼します。明日は用事ありますので
ブログお休みです。ご了承下さい。ではまたです。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 14:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。