2012年04月16日

なでしこリーグも開幕。

本日もタイトルそのままですが…w女子サッカーも開幕しました。
女子サッカーと言えば今や世界トップレベルの実力をはっきりと
示すようになりました。全てはあのW杯からですがその後、
なでしこの戦士達は非常に多忙にも関わらずアメリカに対して
勝利(アルガルベ杯)、ブラジルには圧勝(キリンチャレンジ杯)、
ドイツにも敗北はしたもののほぼ互角に渡り合う(アルガルベ杯)等
見ている人達を興奮させる様な試合をしています。澤選手が唯一
気がかりではありますが…彼女への負担は並大抵ではないですから…。
そんな女子サッカー代表の選手達が今多く所属しているのが
なでしこリーグです。特に一番強いのがINAC神戸で去年は
無敗優勝を成し遂げました。その戦力の厚さは今年も変わりなし。
主軸となって今年も優勝を目指します。彼女らが目指すのは
全勝優勝…かもしれませんな。そんなINACの相手は大阪高槻。
今年に昇格したばかりのチームです。実はハロプロがフットサルを
盛んにしていた時期にはここと対決をしています。当時は
なでしこリーグ前身のLリーグの1部にいた高槻はその力を
きっちりと示しています。U−19において阪口、上辻といった
選手が所属していました…が下部組織が独立した事により離脱。
翌年に大原学園(資格の大原)に敗れた事により降格。
しかし2007年には海堀選手が代表に選出。2008年に
1部に復帰しました。以降、昇格と降格の間で揺れ続け今年再び
昇格しました。そんな大阪高槻は今年から吉本の出資を受ける事に。
資金力を上げて昇格と降格の間からの脱出を図ります。
が、現実は非情。嘗て所属していた海堀選手等日本代表が複数
所属しているINACに次々とゴールを決められて最終的には
7−0に…。今年入った京川選手が早くも2ゴールを獲得。
澤選手もこの状況では出るという事はありませんでした。
浦和の方では嘗て代表を支えた荒川選手が久々のゴール。ケガからの
復帰を飾った形になります。荒川選手…ケガをしていた時期は
レジ打ちのバイトを週3回しています…今もしているでしょうか?
日テレの阪口選手はケガで欠場でしたがグッズの販売をして
完売させています。こういう活動もなでしこリーグでは大事。
日テレ戦の観客は1219人ですし(これでも有料試合の
観客動員数としては多摩陸上の方では最高記録とか…)。

なでしこ全体として去年はフィーバーであっただけに今年は
観客数は必然的に減少してしまうのは避けられず現に代表戦でも
そうなっています。地獄を知っている選手達にとってはそれは
避けなければならないと思っているでしょうね。五輪での
好成績は彼女達にとっては今後の為の必需条件なのです…。

では本日はこれにて失礼します。また明日。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 12:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。