2011年08月15日

大量点。

そういう場面が昨日と今日のスポーツといいますか高校野球において
非常に多かったのでこれを本日のタイトルにしようと思いました…。

昨日の第2試合。白樺学園(北北海道)と智弁和歌山の
試合。6回までに智弁和歌山は5点を獲り4点リードを持っていました。
ここは流石な所だなあと感じましたが…7回に急激に転換します。
四球を出しますとその後もヒット、死球と続きランナー満塁。ここで
初球のカーブを振った小林選手(昨日の熱闘甲子園で父親が応援に
来ていた事が明らかに)の打球は…なんと驚くべき事にフェンスギリギリ
奥に入るグランドスラム!4点差が一瞬に消えます。これにより試合は
同点に。8回表にさらに1点を追加した白樺学園ですが智弁和歌山も
意地を見せて同点に。この試合は延長になりましたよ…。

10回表、2アウト2塁から佐藤選手がヒットを放ち1点をリード。
裏の智弁和歌山は1アウト1塁。ここで宮川選手の打った当たりを
外野が上手く捕れない…長躯疾走で1塁ランナー中村選手戻り同点に。
こうなると強いのは智弁和歌山。魔曲とも言われるジョックロックの
応援が響きます。敬遠の後、小笠原選手の打球は犠牲バントに。
ところが…これが悪送球に…!智弁和歌山のランナー、宮川選手が
戻ってホームイン。サヨナラ勝ちになりました…。
やはり経験が物を言うのでしょうかね。こういう時というのは…。

その後の第3試合、島根代表の開星と西東京代表の日大三高も
乱打戦になりました。かなり派手な。5点リードしていた日大三高で
ございましたが5、6回に4点と2点を獲ってなんと開星が逆転。
しかし恐ろしかったのはここからでした…6回の裏に一挙に6点を
放った日大三高。やっぱり物凄いですね…。開星もその後2点を獲り
8−11としましたがそこまででした。しかしかなり頑張った事は
言えると思います。開星の白根選手はプロ志望届を出すそうです。
何処が指名してくれるのかは注目でございますね。

今日の第1試合は富山の新湊と兵庫の東洋大姫路の試合。こちらは
途中までは見事な投手戦となりました。スコアは1−2ですがやや
新湊が押す展開もあり良い試合の印象がありました。
ところがこれが一変したのが8回裏。東洋大姫路が満塁の
ランナーをためると打席にはピッチャーの原選手。打った当たりは
セカンドに。ここは抑えるかもしくは犠牲フライか…と思いましたが
なんとセカンドを打球は越えていきました。あと少しで普通に
獲る事が出来そうな感じがしましたが…。ここから東洋大姫路に
スイッチが入りました。1巡しても終わらない猛攻撃はなんとなんと
打者13人を使い獲るも獲ったり9得点!それまで大接戦だった
試合は何処へやら…新湊の応援団を無効化した東洋大姫路。9回表を
あっさりと終わらせてベスト8一番乗りを果たしました。

そして現在行われている第2試合の青森の光星学院と徳島商業の
試合もまた乱打戦の形相を呈してきています。先制したのは
光星学院。2点を獲ったもののその裏に徳島商業が3点を返しました。
リードした…と思ったのも束の間で次の回の表に光星学院が打線爆発。
4点を返してリードを逆に大きくしました。ここからどう試合が
面白くなるのかは徳島商業にかかっていますね。

今年の高校野球は見ごたえのある試合が多いのでいつもよりさらに
楽しめる感じがします。試合時間が30分速いのが大変では
ありますけれどね…。

では今日はここまで。また明日もお会いしましょう。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。