2011年08月16日

ひたすら仰天のドラマ

高校野球では時折マンガですら書く事が出来ないようなビックリ展開が
起こる事があります。まあその一例がかの八幡商業(滋賀)と帝京
(東東京)の試合であった訳ですが…(9回表に満塁HRで逆転、
裏は滋賀大会でも投げていない投手が抑えきる)昨日の第4試合でも
驚愕のドラマが待っていたのです。

その前に他の試合を。第2試合の光星学院(青森)と徳島商業の試合。
3、4回に両チームとも点を入れまくって6−5。一体何点が入る?と
思わせましたが5回からは一転して投手戦に。最終的にこのまま試合が
終わりました。光星学院、東北の希望を乗せてベスト8行き。

第3試合は明豊(大分)と関西(岡山)の試合でしたが終始関西が
押す展開になりました。明豊は6回に1点を返すのがやっと…しかし
この試合では非常に珍しいプレーが飛び出したのです。
6回裏の関西の攻撃。無死1、2塁の時にそれは起きました。
打者の当たりは三塁ベース方面に。これを素早く獲った三塁手
中島選手から二塁手深田選手に、さらに一塁手の北里選手に渡り
その全ての判定がアウトになりました。実に見事なトリプルプレー
成立でございましたよ。ちなみに10年ぶり7度目の出来事とか。
ちなみに試合自体は7−1で関西が快勝しています。

そしてメインは第4試合でした。両方とも知名度があるチーム同士の
対戦となりました横浜(神奈川)と智弁学園(奈良)の試合。
横浜は柳投手が無難に相手を抑え続けて得点を多く許しません。
横浜優位の状態は動かずに1−4。しかし9回表…突然その時が
始まったのでした。浦野選手のヒットで出塁をした智弁学園に対して
横浜がピッチャーを変更したのでした…。横浜の監督曰く今まで
そういうパターンだったのだそうですが…。するとここから青山選手が
ヒット。ここから二人がアウトになりましたがランナーは1、3塁に。
さらに6番小野選手がヒット2−4。これで1点返しました。さらに
死球がありましてここで智弁学園は代打を送りました。なんと
奈良大会でも打席に立った事が無かった西村選手。当然きつい
だろうな…と思いました。ところがこの西村選手の当たりが…一気に
チームを同点へと戻す貴重なタイムリーとなりました。さらに
四球で満塁にすると大西選手がヒットを放って遂に逆転に成功!
この後も青山選手がタイムリーを決める等でこのイニングだけで…
8点のイニングを作り出す事に成功。こうなると最早反撃の力は
横浜にはありませんでした。大逆転で智弁学園準々決勝進出です。
一方で敗れた横浜については…采配ミスでしょうかな。名将として
名高い渡辺監督といえどもこのような事があるのですねえ…。
最終回だけでも4人の投手をつぎ込みましたが…。
ちなみに海の向こうでは試合中に横浜高校の勝ちを信じて寝るという
松坂選手が…これは…ええ。そうです…フラグでした…。
起きた後。自分達の昔を思い起こしていた松坂投手が。

今日も既に第1試合は終わりました。習志野(千葉)と金沢(石川)の
試合で習志野が接戦を制しまして勝利。釜田投手が敗れました…これで
原投手(東洋大姫路)と吉永投手(日大三)くらいになりますかな。
いわゆる熱闘甲子園とかでのプロ注目の投手は。果たしてこの二人は
優勝を味わう事が出来るのか…?注目ですね。

では本日はこの辺に致します。また明日。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。