2011年08月20日

決勝は…もう終わりました…。

高校野球は既に決勝が終了しました。今年は節電の影響があり
早く済ませて電力の方をどうにかしておきたいという思惑。
さて、組み合わせは関西(岡山)を破りました日大三高(西東京)と
作新学院(栃木)に勝ちました光星学院(青森)の対決でございます。
今日の試合は決勝戦である上に土曜日なので流石に観客も多いですね。
そしてニコ動ではこの試合の実況中継をしています。テレビ画面は
映りませんが来ている面子は結構な人が。元ロッテの愛甲猛氏に
細かすぎて伝わらないモノマネでお馴染みの360°モンキーズの
杉浦氏が来ています。モノマネをいつも通りしておりましたが
リクエストは常に受けていませんでした(他の外国人のモノマネを
していたw)。

さて、試合展開ですが…終始日大三高が押して優勝を手にしました。
11−0。全く寄せ付けない圧倒的な力を見せ付けましたね。
今までも多くの修羅場を駆け巡ってきた日大三高。決勝でも
力む事無く思う存分力を発揮していました。当たりもゴロが非常に多く
相手がなかなか取り難い状況になっていました。対して光星学院側は
フライが多かったです。フライですとやはり補球までの時間が
ある分間に合ってアウトという事が多いですね…。
しかし今年の高校野球は開始時間が早かったせいもあってか
いつもよりあっという間だった印象をうけました。これも中断が
昨日の試合での1時間30分しかなかったからでしょうかね。

昨日はサッカーでもちょっと注目される話題がありましたね。
なでしこジャパンの面々がなでしこリーグの選抜とチャリティ試合を
したというものです。ほぼフルメンバーにより出て参りました
なでしこジャパン。やはり最初はその力が存分に発揮されました。
澤選手にゴールは生まれなかったものの近賀、川澄、阪口といった
選手達が前半15分、18分、23分にたて続けに得点を決めます。
やっぱり強いなあと思った前半のなでしこジャパン。しかし後半に
なりますと変化が起こります。後半4分に菅澤選手がゴールを
決めますと澤選手や岩清水選手等も交代。サブメンバーが多くなり
ペースは益々リーグ選抜側へ。守備の時間が多くなるなでしこジャパン。
まあその方が一方的よりは若干面白いかなと思っていましたら
試合の最後になりPKを与えてしまったなでしこジャパン。これを
決められて最終的に3−2の接戦と相成りました。なでしこリーグ選抜の
中には昔のなでしこジャパンの選手や過去入った事のある選手達もいます。
しかし練習量は少なく前半にもっと点を獲られてもおかしくはないと
思いました。しかし、後半は良くやった感じがします。逆に、
なでしこジャパンの方に反省を求めなければという内容かも…。
そんな内容であったからか佐々木監督も選抜チームのプレーの方が
光っていたという事を言ったり。でも代表を引き締めると言う意味では
この試合は良かったのかもしれませんね。9月には僅かな期間に
5試合が行われるという過酷な五輪予選が始まります。
是非頑張って欲しいと思いますね。新たにユニフォームに付きました
ワールドカップ優勝を示すエンブレム。そして優勝回数を示す星。
この2つは紛れも無いなでしこジャパンに付けられた誇りですので…
これに恥じない試合をして頂きたいと感じます。

では今日はここまで。また明日でございます。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:57| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。