2011年08月30日

悪いニュースといいニュースが。

まずは悪いというか残念なニュースですね。独特の語り口で
人気でした滝口順平さんが胃がんで亡くなりました。80歳ですので
結構な寿命であったという事も出来るでしょう。しかしもう
80歳であった事にビックリ。ついこの前までぶらり途中下車の旅の
ナレーションをしていたので(7月までやっていたそうです)
そのプロ根性にさらにビックリ。アニメではヤッターマンの
ドクロベエの声をやっていた事でも有名でした。
実はこの滝口さん、昭和の生き字引とも言える人でもありました。
民間放送初の声優で日本初の吹き替え放送を担った人だというのです。

日本初の吹き替え放送は外国のテレビドラマ(まあ当然ですな)の
カウボーイGメン。全ての登場人物の声を生放送で同時にあてて
放送をしたという事です。残念な事にそのフィルムはありません。
生放送であった事が災いした訳です。wikipediaを見ますと
その出演したアニメ等の多さに驚かされるばかりです。流石ですね…。

ちなみにぶらり途中下車の旅ですがミヤギテレビと静岡第一テレビでは
同時ネットで放送をしています。庵はてっきり以前に放送を
していたものをあの時間に流しているのでは…と今まで思って
いたのですが違ったのですね。しかしあのナレーションは今後
誰が担当するのでしょうかな…今まで滝口さんの作ったイメージが
ありますがそれとは別のナレーションを新たに形作るというのも
また手ではあるでしょうね。ともかくこうしてまた昭和は遠く
なっていきますね…ご冥福をお祈り申し上げます。

さて…悪いニュースを先にやりましたのでいいニュースを。

昨日の世界陸上で男子ハンマー投げが行われましたが
室伏広治選手が遂に念願の優勝を成し遂げました。
五輪でも優勝はしたものの、この時は1位になったはずの
選手がドーピングにかかって失格になった事が原因の
繰り上げ優勝でございました。今回はドーピングも今の所無い
優勝。しかもその投擲の全てが良いものとなりました。3投目と
5投目が全く距離が同じという珍しい事もありましたね。
6投のうち4投で80m越えを披露する圧巻の投擲。最後に
TBSが100%優勝確実と言ってしまった事で強烈な
逆転フラグに不安が生じましたが…2位のパーシュ選手
(ハンガリー)の記録は僅かに6cm足らず。この地点で
優勝となりました。ここまで優勝に近いと数え切れない程
言われて参りましたがその都度跳ね返されてきた室伏選手。
ようやく時が訪れました。そしてこれにかなり喜んでいる人が。

…織田裕二氏でしたwTBSで世界陸上の中継が開始された
1997年にキャスターに抜擢されてから今回の大会に至るまで
14年に渡りずっとこの仕事に関わってきた「このあとすぐ」等で
お馴染みの方。山本高広氏にモノマネをされた事でもまたお馴染み。
今回の喜びぶりは恐らく彼の新ネタに繋がるのかなと思われますw
(もっとも織田氏はこれを快くは思っていないそうですが。山本氏が
出演とかが近頃減少したのは織田氏の要求という説がありますし)

しかし金銀銅全てを同一種目で獲るというのは凄いですな…。最低でも
3回出なければなりませんし。これで次は目指せロンドンとなるので
ございましょう…(この優勝で出場権も獲得した)。
ひとまずはおめでとうございます。そして五輪も一層の奮闘を…。

では今日はこの辺で終わりにしましょう。また明日でございます。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:47| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。