2011年09月03日

ヒヤヒヤもの。

昨日サッカー男子の方のW杯三次予選が行われました。
日本の相手は北朝鮮でホームでの試合。北朝鮮はいかんせん
情報量が不足していますので(チョン・テセ選手等日本で
プレーしている又はプレーしていた選手については流石にありますが)
そういう意味で難しい相手です。しかも昨日から続いています
台風の影響による風雨もプレーをまた難しくします。そして何より
一番痛いのは度重なる代表選手の離脱。長友選手が最初リタイヤ
しておりましたが本田圭佑選手がなんと右膝の半月版損傷で離脱。
手術も受けまして今年中のプレーは絶望的と思われます。
さらに中村憲剛選手を代理で選出したのですがこちらも…
右足親指付け根を骨折です。こちらは2週間程度で練習に復帰可能
らしいので来月辺りには復帰できるかもしれませんが如何かな…
という事で本田選手に代わりFW枠に甲府からハーフナー・マイク選手、
さらに中村選手に代わり鹿島からMF増田選手が追加召集されました。
ちなみに増田選手に関しては今日の選出です。

さて、試合の方ですが後ろにボールを下げる展開も多い嫌な展開。
そんな中いきなり北朝鮮にゴールを割られるシーンが…しかしここは
幸いにもオフサイドになりました。もっとも微妙でした。多分
北朝鮮でしたらこれはゴール判定を受けていたと思われますね。
試合のテンポの悪さに拍車をかけてしまったのが柏木選手。大事な
所でのミスが続き失望させました。庵らを。
とにかく前半についてはイマイチの展開ばかりで不安でした。
まあ女子のタイ戦と同じ感じですね。ただ女子と違うのは…
フルでこの試合に臨んでいる事です(女子は明らかな格下相手と
いう事もありまして澤選手等がベンチに座っていました)。

後半になり少し改善された感じはしましたが得点は獲れません。
そこでカードが2枚切られる事となりました。
まず柏木選手に代わり清武選手、次いで李選手に代わり
ハーフナー・マイク選手が投入。するとこの2人が攻撃を
活性化させます。それぞれバーに当たり後一歩でゴールという
シュートを連発。これが機となり本格的に攻撃が行われます。
しかし上記の通り後一歩での逸機が続く事に。
この状況にさらなる変化が生じたのは後半38分。遠藤選手に
スパイクを向けてのスライディングをしたパク・クァンリョン選手が
一発退場。数的優位に立ちました。
ここから日本は連続で攻撃を展開します。しかし最後の所でGKが
防いだりDFが手早くカット。一点が遠い展開です。いつしか
5分あったロスタイムも4分が経過しようという頃となりました。
キッカーの清武選手がショートコーナーから長谷部選手に繋ぎ、
再び清武選手のクロス。これを吉田選手が決めてようやく1−0。
このまま逃げ切って薄氷を踏む思いで勝ち点3を手に入れました
日本男子代表でした。

今回の試合は守備については問題はあまり多くは無かったですが
危ない場面が幾つかありました。そこは川島選手がきっちりと
止めましたので何とかなりましたが韓国やオーストラリアだったら
この守備では問題になったと思われますね。
攻撃については清武選手がまたもアシストを決めました。この
活躍の多さは心強いです。あとはハーフナー・マイク選手。惜しい
シュートを打ち日本の攻撃を活性化させたのは良かったと思います。
清武選手は本来先発から使いたいですね。でも五輪予選もあるので
なかなかそうは行かないかもしれませんが…ハーフナー・マイク選手は
スーパーサブで使うか先発で使うか難しいですね。ただ言えるのは
レギュラーに定着してもおかしくは無いという事です。
逆に柏木選手や内田選手には猛省を促したいです…両方とも
リズムを悪くしたり命中率が低かった感じがします。特に柏木選手は
このままでは増田選手に座を取られるかもしれませんな。
しかし一番言えるのはこれでしょう。本田選手の抜けた穴は
ここまで大きいのか…。そんな風に感じた試合でございました。

では今日はこれにて失礼します。また明日です。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 12:11| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。