2011年09月18日

久々の勝利…

昨日のJリーグの事でございます。清水は高原選手に加え小野選手も
ベンチ外になるという非常事態の中、ユングベリ選手を先発に起用。
本当はまだ後半辺りからというのがあったと思いますが司令塔がいない
非常事態なのでこれもやむなしか。ユングベリ選手はボールの供給を
きっちりと行い中にはチャンスに繋がるものもありました。
彼が持てば取り敢えずは落ち着きます。しかしこの日は他にも課題が。
昨日のエコパの芝の状況は誰が見ても明らかによくありませんでした。
まるで草サッカーをしている場所の様な感じですね。ここの所の
天候不良によりコンディションが上手く整わなかったのでしょう。
もっともそれは相手も同じ事ではあるのですが清水は基本的に
パスサッカー。そういう方針を行っている所ではきついもの。
それでもここの所好調の大前選手が辻尾選手からのクロスを受け取り
落ち着いてゴールを決めました。ここからは長い長い守備の時間帯。
ユングベリ選手も途中で交代しハラハラする展開が続きましたが
何とか逃げ切り1−0で勝利となりました。ちなみに大前選手は
これで6ゴールを決めました。岡崎選手と同様に3、4年目から
活躍が目立つようになってきていますゆえ今年の残りシーズンも
そうですが来年にはさらに期待をしたいものです。

お隣では甲府のハーフナー・マイク選手が1ゴールにPKを作り
福岡に2−1で勝利。ザッケローニ日本代表監督が訪れた中
きっちりと仕事をしました。体重が3キロ落ちている等ベストな
状態ではないようですがそれでもゴールを決める事が出来るのは
評価に値しますね。特に近頃は香川選手が不調なのでそれに代わる
可能性すらある訳ですから…チャンスともいう事が出来ます。
同じ事は広島の李忠成選手にも言えます。こちらも2ゴールを決めて
得点でハーフナー・マイク選手に並びました。この二人については
もしかすると来年にはお呼びが掛かっているかもしれませんね。
海外から。今のうちに移籍金を積んでおいた方がいいかも。特に甲府は。
そしてJ1・J2の昇格・降格争いもいよいよ熱を帯びる時期です。
残り試合は今日の試合が終わったら8試合になるのですから。
優勝争いは既にG大阪、柏、横浜F・M、名古屋に絞られています。
仙台以下は恐らくムリでしょう。勝ち点差がありすぎます。
降格争いは一方でまだ分かりません。福岡はほぼ決定の感がありますが
(大宮・浦和と勝ち点差が16)。山形は8差。こちらもやや厳しいか。
甲府は4差ですのでまだ分からない雰囲気です。ちなみに浦和・大宮と
比べて勝ち点差1で新潟、4でC大阪がいます。ここまでは3試合の
勝ち負けが全く逆となる事で追いつくか抜きますので分からないかな。
一方でJ2の方の順位は…F東京が1位で勝ち点48。2位に札幌、
3位には鳥栖がつけています。それぞれ2ずつの勝ち点差をおいて
いる状況ですが鳥栖の後ろには消化試合数が1少なく勝ち点は同じ千葉。
さらにその後ろには勝ち点差2離れてはいますが消化試合数が鳥栖と
比べて2少ない徳島と栃木もいます。24、5試合を各チームは
消化しており(岡山、鳥栖は26試合)最終的な試合数は38試合。
まだまだ残り試合数は結構ありますね。その中で3つの椅子を6チームが
追いかける展開です。なおその後ろに三浦泰年監督就任後別のチームに
なった北九州が、さらにそこから勝ち点差2で大分がおりますが
北九州はスタジアムの不備、大分は財政面の問題がありますので
この2チームは昇格争いからは無縁でございます。その下も…存続問題が
ありました東京Vですね…7〜9位がこの3チームで固まったのは
何かのいたずらでしょうか…?

今日はサッカーの話題オンリーでお届け致しました。ではまた明日。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:42| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。