2011年10月02日

これで決まったかな…。

プロ野球の話でございます。ソフトバンクが昨日の試合で
西武に勝って連覇を達成しました。日本シリーズへの
出場チームを決めるのはこの先のクライマックスシリーズなので
まだまだこれからですがそのクライマックスシリーズについても
ほぼ決まりかけている状況になりつつあります。
セ・リーグは1、2位こそヤクルトと中日の争いでまだ
分からない状況になりつつありますが3チームの残り1チームに
ついては巨人でほぼ固まりつつあります。4位の阪神がここにきて
敗北を続け巨人との差が5ゲームになってしまっているのです。
広島はその阪神と3.5ゲーム差ですので両方とも既に終戦ムードが
出掛かっている感じと思われます。広島は山崎2軍監督が退任を
表明しています。なんでも2軍で三年連続最下位の上にリーグタイの
16連敗まで記録したのだとか。広島の2軍は育成にのみ重点をおき
成績は二の次のようですが流石にこの状況に退任の決断となったとか。
ちなみにヤクルトと中日は2ゲーム。中日と巨人が3ゲーム。残り試合は
ヤクルト16、中日17、巨人14です。2、3ゲームならばまだ
分からないかなという感じはしますね。
一方似ているゲーム差ではありますがもう決まったかなと思って
しまうのがパ・リーグ。まあ優勝したのはソフトバンク。圧倒的でした。
現在日本ハムとの差は13ゲーム。そこから僅か2ゲーム差に
オリックスが追いついています。4位の西武はそこから4ゲーム
離れてしまいました。日本ハムとは6ゲーム差。いくら日本ハムが
不調とはいえ残り試合日本ハム14、オリックス12、西武13の
状況では追い抜くのはかなり厳しい話です。ぶっちゃけ全勝を
しなければならないレベル。しかしこの時期にその前の連勝疲れか
負けが込み始めました。上位が急失速しなければ厳しい他力本願の
状況である上に西武自体がこれでは…残り少ない試合でもう一度
盛り上がるのかが注目となるでしょう。一方で日本ハムとオリックスは
2、3位の間での争いが過熱する事は間違いないかなと。
日本ハムはひとえに打撃が回復しなければ…。オリックスが一番
重要なのは西武のようにならない事でしょう。まあ西武側にとって
みればそうなって欲しいという感じではあるのですけれども。

100万人の信長の野望の現在の状況をお伝えします。
相変わらず非常に堅い印象のあるNPCの城でございますが
その中でもやはり強い大名家はきっちり城を獲る訳で。
トップを走っているのは真田家で本願寺領を獲り7領地に。
しかしこのうちの2つは柳生家の領地を獲ったものです。
となると今後この領地を巡っての争いが過熱するかも。
続くのは5領地の上杉家。周囲がまごついている間に
無難に領土を獲っていきます。3領地は立花家と北条家。
個人的に立花家は周囲に強い武将が固まっておりコレクターには
もってこいという感じがしますね。2領地は伊達、徳川、蒲生、今川、
柳生、織田、浅井、明智、毛利、島津の10大名家です。
残りの佐竹、柴田、武田、足利、羽柴、長宗我部、鍋島の7大名家は
未だに城を獲る事出来ず深刻な状況と言えるかもしれません。
とにかく耐久力が回復してしまうNPC城は厄介な存在です。
だからPC大名家と接している所の方が積極的に戦が行われます。
まあ当然そうしないと自分の城が危機になるからというのもありますが
多分NPC大名家については木曜日に修正が行われるでしょうね…。

では今日はこれにて。また明日であります。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 12:23| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。