2011年10月12日

バケモノが二人。

言うまでも無く…今年のプロ野球(パ・リーグ)でございます。
ダルビッシュ投手は相変わらずの物凄さで昨日は西武に15奪三振の
完封勝利。西武は勝てばオリックスに0.5ゲームになるので
大チャンスでしたが流石にムリがありすぎました。ダルビッシュ投手は
これで防御率1.44。そしてそれよりも凄まじい防御率も誇るのが
楽天の田中投手。なんと1.33…勝ち数は既に背番号と同じ18に
達しましてこれはダルビッシュ、ホールトン(ソフトバンク)投手と
同じですが登板機会は田中投手が1多いと言われています。どうせならば
20勝を達成して文句なしの沢村賞獲得と行きたいところでしょうな。
ちなみに低反発球の影響か今年は他にも4人が防御率1点台です。
パ・リーグでは和田投手、セ・リーグですと吉見投手(中日)に
内海投手、そして今年ドラフト1位で巨人に入った沢村投手。
しかし防御率1点台で10勝11敗。正直これは運が悪いとしか…
コントロールを乱して自滅という試合もありましたがそれを含めても
防御率がここまで良いというのは素直に評価されるべきでしょう。

順位争いは知らぬ間に中日がヤクルトを抜いて1位に躍り出ました。
あの監督退任発表から全ての流れが中日に向かった感じがします。
落合博満のオレ流采配。見られるのは一まずあと少し。注目したいです。
一方でヤクルトは中日との4連戦で2連敗してしまい窮地にあります。
ここで2連勝して返せば0.5ゲーム差なのでまだチャンスはあると
いう事は出来ますが…残り2戦。非常に重要になりそうです。
一方で3、4位間を争う巨人、阪神伝統の一戦は…4戦連続で藤川
投手を出してきた阪神。しかしうすうす分かっていました。そんな
連続で出したりすると疲れがある現在の藤川投手では打たれてしまう
可能性があるという事は…。昨日の試合では藤村選手にサヨナラ打を
浴びて敗れてしまいました…。これで両チーム間のゲーム差は3。
今日は最後の直接対決。巨人が勝つと4ゲーム差です。試合数に
7試合の差がある阪神ではありますが今の状況でここからの連勝を
考える事は…あまり出来ません。勝って2ゲーム差に。なんとしても
しておきたいものでしょうね。しかし藤村選手は今年で一気に名を
上げましたな。澤村選手がいなければ新人王の候補に充分名を
連ねていたと思います。盗塁数28はセ・リ−グで長野選手に9つの
差を付けるダントツの1位ですし。ちなみにパ・リーグでは…
本多選手(ソフトバンク)が57、聖澤選手(楽天)が51を記録。
こちらも新人の伊志嶺選手(ロッテ)まで7人が28以上です。
パ・リーグ恐るべしですな…特に聖澤選手。去年まではそこまでと
いうイメージがあまりなかったのでなおさらです。こんなに盗塁が
出来るのならば今後も安泰でしょうな。低反発球への対応はやはり
パ・リーグがより進んでいると見て良さそうです。

で、阪神はCS進出ならずと決まった場合…真弓監督の解任騒動に
発展する可能性もあります。ファンの間では既にかの菅内閣以上の
不支持率を誇っている状況です。森内閣とならほぼ互角ですな。
この状況でも続投ならば来年はソッポ向くファンも多いでしょう。
とりあえず勝てる監督が欲しい…ファンの心の叫びはこうでしょうな。
ちなみに藤川投手が今年サヨナラ打を浴びている選手は意外な選手ばかり。
巨人は昨日の藤村選手に加え、古城選手に実松選手。さらに横浜の
細山田選手にもこの前打たれています。あと1人については書いて
いませんでした(ソース:スポーツ報知)。とにかく今日の試合。
重要な試合になる事は疑いようがありません。

ちなみに昨日はサッカーの試合もありましたがまあワンサイドなので。
では今日はここまで。また明日でございます。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 14:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。