2011年10月13日

お人よし…でしょうね…

日本代表はタジキスタンとアウエーで11月11日に試合を行う訳で
ございますがその際に日本サッカー協会は要請をしています。
「芝生を短くして欲しい」と。
日本の競技場は2.5センチ。W杯基準では3.5センチ。
中東や中央アジアの競技場はこれよりさらに長い芝生が一般的とか。
で、日本代表は長い芝生に結構苦しんでいたりします。そこで
上記要請に至った訳です。タジキスタンにとってはぶっちゃけ
ホームくらい少しはマシな試合をしたいというもの。
ところがタジキスタンの協会…この要請を受け入れました。
ラフィコフ監督曰く、「世界レベルの日本と試合をして勉強したい」と。
こうなったら日本としても全力をもってプレーをみせるという事が
重要になってきますね。かえって全力で行かないのが失礼となるかも。
しかしタジキスタンには感謝をしなければならないでしょうね…。
ちなみにタジキスタンのチームにはこの前の試合においても通達が
出されていたそうです。その内容はラフプレーに走らないというもの。
これについての言葉は「ラフプレーには走らない、クリーンなプレーを
心がけるというのを選手たちは理解している。私たちは日本の選手を
けがさせるために来たわけではない。日本はもっと高い目標を
置いているチームなので、こんなところでけがをさせては申し訳ない」
(ソース:Soccer KING)というもの。
何処かの東アジアのチームに爪の垢を煎じて飲ませたいですな…。

プロ野球はセ・リーグにおいてはストーブリーグの方が重要に
なり始めてきました。昨日の試合において阪神はまたしても
サヨナラ負けとなりました。これでとうとう巨人と阪神の
ゲーム差は4ゲームになりまして巨人が負けないと阪神のCS進出が
復活しない状況となりました。いわゆる自力優勝の消滅というもの。
これにより一時期は確定と言われていたの来年の契約が確定→
確定していないとなりましてとうとうCS逃したら解任へと
なりつつあります。そしてそれに異論を唱える阪神ファンなんぞ
殆どいないでしょう(理由:昨日言った通りの支持率)。
一方で西武はロッテに快勝。中村選手は47号HRを放ち
50号に近付いてきました。そしてオリックスは日本ハムに
チャンスを度々作りながらも引き分け。これでゲーム差は
いよいよ1ゲームになりました。もっとも今日の試合は
西武はありません。そしてオリックスは最下位のロッテが相手。
多分勝つのではと思います。ここでオリックスが不覚を取った場合は
いよいよ大変な事になって参りますがさて如何なりますかやら。

さて、100万人の信長の野望。一旦滅亡した大名家の中で
初めて長宗我部家が初めて復興を果たしました。そして中村御所も
獲ってさあこれからだ!…と思ったのですがその日の深夜には
早くも滅亡しておりました…恐るべし真田家…。ちなみに早くも
今回のシーズンでは相当の領地を得ている大名家が複数存在しています。
特に真田家は22領地を獲っております。そして明智家は12領地、
伊達家が11領地、上杉家が10領地を獲っています。また立花家も
鍋島家を獲る事で9領地になります。一方でかなりの激しい動きを前に
柴田家、浅井家、今川家、鍋島家、蒲生家、島津家は厳しい展開。
その間という感じなのが毛利家、織田家、武田家、徳川家、北条家です。
滅亡してしまっているのは佐竹家、柳生家、足利家、羽柴家、
そして滅亡(2回目)が長宗我部家です。で、今気付いたこと。
PC大名家20と思っていましたが…21なのですな…。

では本日はこれにて失礼します。また明日(予定)です。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 10:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。