2011年10月19日

昨日は盛り沢山過ぎて…。

忙しい日でございましたよ。今日はちょっとゆっくりしたい
ふいんき(←何故か変換できない)です。

昨日はプロ野球の試合が行われましたがその試合が両リーグの
CS進出や優勝を決める試合になりました。中日は横浜に引き分けて
優勝が決定。落合監督が6度宙に舞いました。ここまでの大逆転の
きっかけになったのは9月6日。巨人戦で敗れた時「中日の」球団社長の
酒井克彦が思わず行ったガッツポーズ…これに選手が憤った結果だったと
言われています。フロントと落合監督は前々から対立しておりそれを
白井文吾オーナーが抑える事で何とか成立していましたがとうとう
今年は抑えられずに退任。しかし自信をもって申し上げます。
こんなフロントでは来年以降中日は暗黒時代に突入するのでは…。
主力選手の流出も相次いだりすると思われます。ぶっちゃけ
辞めるべきだったのはやはり営業努力等を怠っていると思われる
フロントの方だったのでしょう。中日は失ってはならない宝物を
失ってしまった感じが致します。球団社長もそうですが結託をして
落合氏を追い落とした佐藤良平球団代表も同罪。二人揃ってこちらが
辞めるべき。個人の好き嫌いという理由のみでクビにするという姿勢は
最早プロ野球そのものを愚弄しています。確かに落合氏の采配は独特な
ものがありますが現に成績を残しているのですから広島ばりに努力を
すれば赤字という事も少なくなると思うのですが。

一方パ・リーグは最終戦にまでもつれ込んだ超激戦が幕を閉じようと
していました。西武は日本ハムと試合。中村選手は48号HRを放ち
フェルナンデス選手も2ランで続きました。投手は西口投手が8回を
2点に抑え、9回に投げるのは牧田投手。しかしあれよあれよと
ヒットを打たれ気付いてみればTHE 無死満塁…!
降臨するは江夏豊かコバマサかはたまた大沼総帥か…
まずホフパワー選手を抑えるものの代打には糸井選手。糸井選手の
打球は外野方向に…終わったか……

いや、終わってはいなかった。牧田投手と共に今年入った秋山選手の
ナイスキャッチ。犠牲フライで1点失ったもののまだリードしている。
そして代打今浪選手の打球を…栗山選手が獲ってゲームセット!
恐ろしく劇的な展開に…
牧田投手「死ぬかと思った。野球人生で一番きつかった」
渡辺監督「寿命が2、3年、縮んだよ」

ファンも本当にハラハラものでした…w昨日3イニング投げていた
牧田投手はやはり球威があまり無かったようです。気迫のみで投げた
16球というところでしょうか。何はともあれ牧田投手はこれでほぼ
新人王のタイトルを獲得でしょう。

一方、オリックスはホールトン投手に抑えられまして金子投手も
打たれてしまいました。一時期はこれでもう決まりやと思った事
でございましょう。それが気付いたらこの展開…心中お察し
申し上げます…逆だったら本当にガックリ来ていたでしょうし…。
なおホールトン投手は田中投手に並ぶ19勝目となっています。
最後のロッテ戦を投げて勝利となれば単独の最多勝となりますが
果たしてどうなるのでしょうか。ちなみに投げるとは書いていますが
先発でとは書いていません。つまり中継ぎ登板という可能性が
あるという事ですな。うん。

という事で西武がわずか1毛差でCS進出最後の切符を獲りました。
これからは日本ハムとのCSに備える必要があります。勢いはもう
西武が上です。ダルビッシュ投手を打つのは難題ですが他の投手
ならば何とかなるかもしれません。まずは1stの突破を。
目指すは去年の千葉ロッテが成し遂げた3位からの日本一です。

では今日はこれまで。また明日。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。