2011年10月28日

流石に寒くなってきました。

徐々に気温が低くなっている静岡でございます。これからもう少し
寒さは増してきますね。どうもこんにちは。

先週はイエティ(裾野にあるスキー場)が例年通りオープン
しています。十三年連続で日本一早くオープンしていますが
まあ人工雪であるのは言うまでも無いでしょうw
しかし話題性は抜群ですね。毎年ニュースで流れますので。
ちなみにコスプレをして行きますと入場滑走料無料ですべる事が
出来るというのもあります。勿論細かい規定はありますが(肌の露出が
多いものは多分安全面の配慮でNGとか)東方projectではアリスとか
チルノのコスチュームがあったようで。知っている人は目が向きますね。
ちなみにダンディ坂野もゲストで来ていたようです。ちなみに前日から
企画に参加していたようでそのタイトルが…
「日本一早くオープンするスキー場イエティ
 〜ダンディ坂野、朝までダダすべり生中継〜(仮)」

…すごく…納得です…w

さて、地元的話題でスペースを使った後は…ドラフト会議です。

一応静岡県関係で誰かいないかと確認してみました。
そうしたら一人だけおりました。ロッテから3位で指名された
鈴木大地(!)選手。どう考えても水泳のあの選手が思い浮かんで
しまいますね。本人も苦労した事でしょう。この野球の鈴木大地選手、
出身は御殿場市。小学校時代は足柄小学校にいまして2年から野球を
始めました。北郷ファイターズという少年野球チームに入り左打者と
なります。これは父親の勧めがあったという事。小山中に進学すると
静岡裾野リトルシニアに。ここで活躍をしたらしく高校時代は…
桐蔭学園に進みました。よくある野球留学ですね。まあ場所的にも
足柄からという事ですのであまり違和感が強くない留学かも。
ショートのレギュラーとなりましたが3年の時の夏は神奈川県予選
5回戦で姿を消しました。甲子園出場経験はありません。
大学時代になりますと東洋大学に進学。ここでもいきなりリーグ戦に
出場、秋にはサードのレギュラーになります。3年春からは4番に
なり世界大学野球選手権でも日本代表に選出、最終学年では
主将にも任じられている東洋大打撃の要と言える選手の様子。
バットコントロールは(何年かすれば)プロでも3割いけると言われ、
内野を複数こなす事の出来る器用さは魅力です。今年のロッテは
荻野選手のコンバートをさせようとしましたが怪我などでかなり苦労
しています。こういったところを鈴木選手が受け持つ事になるのかも
しれませんね。ちなみにやっぱりどうしても突っ込みたくなる
「鈴木大地」という名は…あやかって付けられたそうです…
ソウル五輪から1年後の事でした。目指すはやっぱりポスト西岡と
いう事になるのでしょうか。そういえば西岡選手今年は怪我も
ありましたが差し引いてもイマイチでしたね…来年は活躍して
根ざしておきたいものでございましょう…。

全体的には日本ハムの挑戦が目立ちました。やはり菅野投手を指名
してきたという事。ぬるま湯に浸かっていた巨人の目を覚ます
物になったと思います。指名自体は恐らく拒否に遭い日本生命に
進むという可能性が有力とか。それでもいいのではないでしょうか。
挨拶が無かった不手際があるとはいえ「人権蹂躙」と言っている
菅野投手の祖父の言葉を聴きますとならば要らんと思ってしまいます。
指名されなかったのならば自分で良き成績を残し巨人から誘いを
数年後に受けると言うくらいの気概が無ければならないでしょう。
それを日本ハムの方にだけ文句を言うのは筋違いも甚だしいです。
向上心無き者はプロの世界では生きていけません。社会人や行くの
ならば外国で寧ろ精神的にもう少し叩き込まれる必要があるでしょう。

以上、そんな能力の全く無い人の戯言でしたw

あと広島は上手く野村投手を獲りましたね。楽天の釜田投手、
阪神の歳内投手もラッキーでした。西武は牧田投手で味をしめたか
サイドスローや変則投球の投手を相次いで指名。横浜は数年後に
シフトしたのか大量に高校生を入れました。日本ハムは菅野投手の
他にも早稲田のソフトボール部から引き入れる異例の展開。
ロッテは東洋大の藤岡投手も獲得。鈴木選手と共に頑張ってください。
高校生スラッガーの高橋選手は中日が獲得。福留二世になれるか?
オリックスの岡田監督は今年もくじ引きで敗れましたw
ソフトバンクは九州のダルビッシュ(武田翔太投手・宮崎日大)、
下町のダルビッシュ(吉本祥二投手・足立学園)、山陰のジャイアン
(白根尚貴投手・開星)を獲得。ニックネーム好き?
東京ヤクルトは上位の選手が東北に所属している人々で固まりました。

今年も泣き笑い多かったドラフト。選ばれた選手達は精進し来年からの
晴れ舞台に臨んで欲しいものです。

では今日はここまで。また明日です。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:37| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。