2011年11月17日

大波乱連続!J1恐怖の天皇杯

昨日は物凄い試合になりました日本シリーズではありました。
森福投手の強心臓が素晴らしいものでございましたな。
しかしまあ…外弁慶シリーズですのう今年は…。
が、今日は…タイトル通り。天皇杯についてお届けします。

まずは磐田。千葉の米倉選手に後半22分にゴールを決められて
攻撃陣は反撃できずに終戦。0−1で敗れました。静岡県勢として
あまりに寂しすぎる結果でございましたな…ちなみにもう片方の
静岡県勢の清水は鳥取相手に岩下選手が先制ゴールを決めると
前半ロスタイム終了前に高原選手が、後半になると杉山選手が3点目、
さらに今年で戦力外となってしまった永井選手がゴール、最後は
山本真希選手のゴールで5−0の圧勝でした。静岡県勢はこちらに
かけるしかありませんな。奇しくも次の試合は千葉が相手です。
静岡県勢2連敗だけは避けなければなりませんね。全力で出来る分
(リーグ戦が終了しているので)きっちりと行いたいものです。

次は山形。今年J2に降格が決定してしまいましたがまだJ1。
一方京都。現在J2の8位で今年の昇格は無くなっています。
前半7分に長谷川選手、9分に宮沢選手がたて続けにゴールを
決めました…が、ここから山形にとって地獄が待ち構えていようとは。
前半15分、44分。さらに後半3分になんとたて続けに宮吉選手が
ゴールを決めて京都が逆転。このまま試合は終了し京都が勝利しました。
京都の次の相手は富山相手にこちらも延長戦にまでもつれこむ
大苦戦を起こしていた鹿島になります。

3つ目。F東京が神戸と試合。前半13分にF東京の高橋選手が
早速ゴール。神戸も前半37分に河本選手のゴールで応戦。
ところがここからゴールが産まれない。延長戦に入り前半が
終わり後半も終了間近のロスタイム。F東京の森重選手が
ゴールを決めて最後の最後で勝利となりました。F東京は
J1昇格ほぼ決定の意地を見せ付けました。神戸はJ1なのにry

まだまだ続くぞ4試合目。広島と愛媛の試合です。
近い県同士の試合でございます。点が入らずに後半41分。
愛媛の石井選手がゴールを決めてこのまま試合終了。
広島はペドロヴィッチ選手の退任の餞を贈る事が出来ずに
敗北となってしまいました。愛媛の次の相手は浦和です。

ここからカオス具合も増してきます5試合目。G大阪と水戸の試合。
超攻撃型チームのG大阪と一時期は超守備型チームでお馴染みの水戸。
どうやら現在も守りは堅いようで…さて、試合ですが前半40分に
キム・スンヨン選手のゴールでG大阪が先制。が、後半5分に小澤選手が
ゴールを決めまして同点に。G大阪も黙っておらず後半20分に
佐々木選手のゴールによって勝ち越しに成功。ここで次にゴールを
決めたのが…鈴木隆行選手。苦労人がここ一番でゴールを決めて
同点に戻りました。そして延長戦になって前半9分。小池選手の
ゴールによって…水戸が逆転!G大阪は13年ぶりに3回戦で
敗れることになりました。水戸の次の相手はF東京です。

やっと最後になりました6試合目。新潟と松本山雅の試合。
J1を2004年から結構長くやっている新潟とJFLから
J2への昇格を目指す松本山雅。試合展開は新潟にパスミスが
目立ったものになったとか。そんな中、前半5分。コーナーキック
から多々良選手がヘディングでゴールを決めて松本山雅が先制します。
後半はボールを支配できていた新潟だそうですが松本山雅は粘り強く
守備を行います。そしてそのまま…試合が終わりました。
勝利した松本山雅は横浜F・Mと試合を行う事となります。
これも亡き松田選手との巡り合わせでございましょうか…。

4回戦は12月17日でございます。

では今日はこの辺にて。また明日で。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。