2011年11月20日

とうとう第7戦。

今年の日本シリーズ。昨日の試合もまたしても中日が勝利しました。
しかもスコアも2−1。なんと中日が勝った試合は3試合連続で
同じスコアです。何かの巡り合わせ?というのにも不気味な
感じがするこの状況でございますね…。しかもここまでの試合
全て勝っているのはビジター側。外弁慶シリーズになっています。
今日の第7戦。この2つのジンクス?が終わりを迎えるのかが
注目でございます。先発はソフトバンクが杉内投手ですが中日は
分からないです。川井投手かチェン投手かはたまた山井投手か…
スポーツ報知によると山井投手のようですが実際はどうなるか…
一ついえる事は間違いなく総力戦になるという事です。

サッカーでは今年色々と変動がありますがもしかすると一番大きい
変動がシーズン終了後に起こるのかもしれません。G大阪で10年
監督を続けていた西野監督が今年優勝できなければ退任となるのではと
いう記事が載っていたのです。2005年にリーグ初制覇を果たすと
2007年はナビスコカップ、2008年度と2009年度は
天皇杯を連覇して2008年のクラブW杯では3位になり
G大阪を強豪クラブに仕立て上げました。国内でもここまで長く
チームを率いる監督というものはおりません。欧州では逆に
結構いるイメージがありますが(ファーガソンとかベンゲルとか)。
だから庵的にはG大阪はまだ西野監督でいいのではと思っています。
降格争いとは程遠い所にいるのですから。

さて、Jリーグ本戦では降格争いの流れが決まろうとしています。
勝ち点2となっていた浦和と甲府ですが浦和は仙台に辛うじてドロー。
これに対して甲府は磐田と試合をしましたが金園選手に2失点を
許す展開に。1点は返したものの頼みのハーフナーマイク選手は
不発に終わりまして試合終了。1−2で勝ち点差は3になりました。
浦和と甲府の得失点差は絶望的なまでに離れていますので残り2試合、
連続で甲府○、浦和△or×又は甲府△1試合・○1試合、浦和2連敗の
場合にのみ甲府は残留となります。ところがハーフナーマイク選手は
次の試合に出られないのです。理由は2枚イエローカードを貰った事。
しかしこの退場を巡る裁定、おかしい事がある事が明らかになりました。

ハーフナーマイク選手は前半37分に駒野選手の腕を引っ張り
警告を受けました。実はこの時今までの試合における累積警告により
2試合出場停止となっていたのです。ところがロスタイムにも
警告を受けた為退場となりまして…Jリーグ規約の
「警告2枚で退場した場合は累積に加算されない」が適用。
次節においては上記処分が適用される事となりました。つまり
出られなかったはずだった最終戦に退場が原因で出られるように
なったという実におかしい結果となったのです。この件について
Jリーグはちゃんと改訂を行わなければならないですね…
これは見ている側が何よりスッキリしません…。
一方J2ではF東京が鳥取に圧勝してJ1復帰を果たしました。
おめでとうございます。正直J2にいるには勿体無い戦力でしたので
まあ順当と言えば順当な昇格ではありましたが最初は苦戦していました。
J2の怖さも久々に認識した上での昇格。来年は戻らないように
J1で奮闘をしたいですね。目指すはやはり…復帰1年目にして
優勝目前にまで来ている柏でしょうか。その柏は今日、清水と試合を
する事となっています。清水は小野選手が今年絶望。他の選手の奮闘に
期待をしなければならないでしょう。しかしながらベストメンバー
って中々揃わないですね…。今年のJリーグ優勝チームはクラブW杯に
出る事になりますのでかなり重要ですよこれは…。

では本日はこれにて失礼します。また明日です。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:53| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。