2011年12月09日

色々と昨日も起きましたな。

その中でも話題になりましたのがダルビッシュ投手。遂に
入札制度を用いてのメジャーリーグ挑戦を表明しました。
ダルビッシュ投手らしく最初にブログでの報告をしました。
近頃の投手の中では恐らく松坂投手以上のものがあると
思います。松坂投手は苦戦を強いられてはいますが
色々と常に工夫をしているダルビッシュ投手ならば
いけるのでは?と思ったりもしますね。松坂投手よりは
黒田投手の方を目指して欲しい部分があります。
一方その黒田投手も去就が注目されている投手の一人。
理由は常に安定した成績を残している為でこれは斎藤隆投手にも
当てはまる事。大抵の日本人投手は最初は活躍しても2、3年
経つとパターンを掴まれてしまいきつい状況になります。
しかしそれに当てはまらないのが斎藤投手であり、黒田投手。
さて、黒田投手も本来はドジャースに残留の予定でした。
しかしドジャースは近頃連邦倒産法第11章の適用を
申請しました。金が無いのです。そんな状況で連続して
功績を挙げた投手となると本当は欲しいが背に腹は
変えられない。大変な所ですね。当然他の球団からも
多くのオファーが届いています。なお日本でも獲得を
計画している球団はあります。しかし何よりも国内に
戻った場合有力な球団は…やはり広島でございます。
黒田投手は時折金銭面よりも義理を選ぶ事があります。
それが過去の阪神への移籍騒動の時も結果的には
広島残留の選択肢を選んだ原因であったりします。
今回もピンとくるオファーが舞い込まなかった場合は
あっさりと広島に戻る可能性もあるでしょうね。
黒田投手とダルビッシュ投手は要注目でしょう。
斎藤投手に関しては残留ではと言われていますね。
まあどこにいっても大丈夫そうな感じはします。

スケートでは予想だにしない事態が。今年はGPファイナルの
優勝も狙う事が出来たであろう浅田真央選手でしたが
母親の体調不良(それも急変との事)により急遽帰国する事に
なったそうです。母親に一体何が起こったのかは
分かりませんが帰国を決断する程という事はかなりの大変な
状態になっているのではと推測される訳で…帰国を咎める事は
当然出来ませんね。日本選手権で頑張って欲しいと思います。

クラブW杯は開幕戦として柏レイソル(開催国王者)と
オークランドシティ(オセアニア王者・ニュージーランド)が
試合を行いました。活躍したのは田中順也選手、工藤壮人
(まさと)選手、菅野(すげの)孝憲選手です。田中選手は
素早い動きからのあまり角度の無い所からのシュートを決めて
先制ゴール、工藤選手は乱戦の中2点目のゴールを決めました。
このシーンはゴールポストに弾かれてしまってガッカリという
感じでしたがそれをなんとかフォローしました。菅野選手は
後半の柏が守勢に回った時の立て続けに起こったピンチを
悉く防ぎ結果、柏は2−0で完封勝ちとなりました。
クラブW杯の開幕戦としてなかなかの滑り出しを果たしたと
見ていいと思います。次の試合は日曜日に2試合行われます。
そしてその次からいよいよバルセロナやサントスが登場です。

本日もこの辺にて。ではまた明日でございます。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 14:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。