2011年12月12日

昨日書きました件について

早速毛利元就の条件が満たされました。後で調整をして
決定とする予定です。結構速かったな…小早川隆景の入手。
ただ、成長5で来るかというと当然疑問ですが。そうでなければ
毛利隆元か小早川かという感じでどんどん毛利元就との交換が
繰り広げられると思います…。それはさておきまして。

クラブW杯では2試合が行われました。実は次の日曜日も2試合。
昨日行われたのはバルセロナやサントスと試合する権利を獲得する
準決勝への進出をかけた一戦でした。チュニジアのエスペランスと
カタールのアルサッドの試合はエスペランスが優勢に試合を進めて
おりましたがバーに嫌われる等の不運にエスペランスが手間取る間に
アルサッドの方に幸運が。ケイタ選手が強いシュートを打つと
GKが弾きますがそこにはハルファン選手。ヘッドでゴールへと
流し込み先制に成功します。さらに後半には鹿島に在籍していた
事があるイ・ジョンス選手を経由してコニ選手が追加点。
エスペランスも15分にダラジ選手のヘッドにより1点を返します。
しかし2度あったゴールかと思われたシーンもきっちりと見ると
どうみてもオフサイドでして同点には至らず試合終了。最後には
ペットボトルが投げ込まれてしまい後味の悪い試合に…エスペランサの
サポーターが乱入と言う事もあったそうです。
その後に行われたのが柏レイソルとメキシコのモンテレイの試合。
正直圧倒的にモンテレイの動きが素晴らしい印象を受けました。
モンテレイ相手でこんなに差があるんではサントスと、ましてや
バルセロナと当たったらどうなるんだろう…と思いつつ、試合は
意外な方向に。モンテレイ、シュートは打ちますが入りません。
ポストに弾かれたりでなんだかんだで0−0。そのまま前半は終わり
後半へ。そして後半8分に試合は動きました。田中選手が
レアンドロ・ドミンゲス選手の方向にボールを蹴るとそれを
ダイレクトで撃ちゴールを決めたのでした。流石は今年のJリーグ
MVP。これ絶対に他のチームが獲りに行くだろうなと思いつつ
数分後。今度はモンテレイの注目選手、スアソ選手がカウンターから
ゴールを決めて同点に。チャンスを作ったのは元アルゼンチン代表の
デルガド選手でした。つかの間のリードからは再びモンテレイの
押す展開。柏も時々チャンスは作りますが強固なモンテレイDF陣に
防がれます。しかしそれはモンテレイも同じでして最後の所で柏も
何とか防ぎ1−1が続きます。90分が過ぎ、初の延長戦も結局
得点が無くPK戦にもつれ込む事になりました。こうなるともう
菅野選手に頼る他はありません。するとモンテレイ側の1人目の
選手のPKをいきなり止める事に成功。これでかなり柏に優位に
展開が動いていきました。さらに4人目の相手GKのPKは
ゴールポスト。その後田中選手が外したものの最後はこの日、
途中交代で入った林選手が勢い良く決めて勝利を手にしました。
これで次の相手は南米王者・サントスです。ペレの再来とも言われる
若き天才、ネイマール選手がどのような技を魅せるかが楽しみです。
柏はやっぱりレアンドロ・ドミンゲス選手に頼る事になりますかな。
サントスへの移籍の噂が出ている酒井選手もいい所を見せたいですね。

では今日はこれにて。また明日でございます。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 12:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。