2011年12月18日

コーエーテクモと任天堂蛾ブッ壊れた

誰も思っていなかったコラボが突如発表されました…
ポケモンと信長の野望が組むらしいですw

コーエーテクモは近頃は無双シリーズでワンピースと
コラボする事を発表しています。これはまあ普通に
ありえる事でしょうし予期はついていました。
が、これは思ってもいませんでした…しかもなんか
それなりに画面も出来ていますし。
ソフトとしてはDSでの販売ですがDS3でも
当然出来るという事。ひとえにポケモンシリーズの
黒歴史にならないことを祈るのみでございますw

今日はクラブW杯の3位決定戦と決勝戦でございます。
2試合で大量の動員を図るのは間違いないですね。
3位決定戦は柏レイソル(日本)とアルサッド(カタール)の
試合になります。アルサッドが準決勝で守りを堅めるばかりで
終わったのが非常に気がかりです。手の内を見せないとか余力を
3位決定戦に残しておいたとか可能性が無い訳では無いゆえ。
しかも柏レイソル側は今年のMVPのレアンドロ・ドミンゲス選手を
累積警告で欠いています。代わりに水野晃樹選手が入るらしいですが
やはり見劣りは免れません…酒井選手やジョルジ・ワグネル選手の
動きが一番の鍵になるのではと思っていますよ。ここまで来たならば
3位は獲りたいものでしょうし。

決勝戦はバルセロナ(スペイン)とサントス(ブラジル)の試合。
両方とも押しも押されぬ名門チームであり超が付くスター選手を
抱えています。メッシとネイマール、初の対戦はどの様な形に
なるのでございましょうか…下馬評ではバルセロナ優勢で庵も
そう思っていますが蓋を開けなければ分からないものですので
サントスにも期待はしたいと思います。主にネイマール選手に。

さて、昨日は天皇杯の4回戦もありました。F東京は水戸相手に
苦戦するもオウンゴールにより1−0で勝利。
横浜F・マリノスと松本山雅の松田直樹選手の所属していた
チーム同士の対決は若き才能、小野裕二選手がハットトリックを
決めて活躍、さらにアシストで中村俊輔選手の得点をお膳立て。
4−0の圧勝となりました。
浦和と愛媛の試合は3−1で浦和の勝利。以前敗れた失敗を
返す事に成功しました。清水は千葉に2−0で勝利。
後半になりアレックス選手が先制、さらに伊藤選手もゴールを
決めて準々決勝へと進みました。
仙台とC大阪はPK戦にもつれ込む大接戦。仙台は延長前半に
武藤選手がゴールを決めたものの延長後半にC大阪も村田選手が
ゴール。同点に追いついてのPK戦は…2−4でC大阪が勝利。
仙台は非常に惜しかったですね。

ここからは大誤算シリーズ。鹿島と京都の試合。後半14分に
宮吉選手のゴールにより京都が先制。なんとこのまま試合が
終了。鹿島はオリヴェイラ監督を有終の美で送る事は出来ませんでした。
そういえば京都の監督は大木監督なのですな(前甲府監督)。
もう1試合は川崎Fと湘南の試合。神奈川県勢同士の対決は
後半18分に高山選手がゴールを決めて…こちらも追加点無く
同点無く終了。湘南が勝利を挙げました。ジュニーニョ選手の
退団はやはり大きすぎたのか…?それとも今年のチームは
このくらいの力になったのか…川崎Fには課題が残るものに。
湘南は反町監督が退任という事で最後の意地を見せたいですね。
ちなみに京都と湘南、準々決勝で直接対決です。あと柏と名古屋の
試合は水曜日になります(クラブW杯あるから仕方が無い)。

本日はこれまでに致しますな。また明日お会いしましょう。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 11:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。