2012年03月05日

始まったJ。

本日のタイトルは是非水木一郎風でwどうもこんにちはでございます。

さて、タイトル通り昨日からの続きでございますがJ2が
始まりました。初の降格を含める熾烈なシーズンが益々予想されます。
そんな中、注目を集めたのは松本と町田の2チームですが
両チームとも初戦は敗れました。松本は東京Vに、町田は愛媛相手に
それぞれアウエーでの試合で0−2で敗れています。
J2降格組では甲府と福岡は勝利しましたが山形は千葉に敗れました。
まだまだこれから…J2では22チームが存在しますので21チームとの
試合をホーム&アウエーで行い42節で行われます。果てしなき戦いの
末に見えるのは昇格の歓喜か、プレーオフのスリルか、降格の悲しみか。
長い長い戦いがこれから始まります。

昨日はゴルフの国内戦がありました。女子は前年のプロテストで合格
したばかりの斉藤愛璃選手がプレーオフの末に勝利しました。かなり
最後はミスが多かった印象がありますが他の選手もミスが多くそれに
よって優勝を取りこぼした感じがしますので勿体無いですね。
斉藤選手には次はミスを殆どしないで勝って欲しいものです。

びわ湖毎日マラソンではまたしても日本陸連が頭を痛める問題が。
日本人でトップになったのは世界陸上に出ていた堀端選手でもなく、
途中出て行った中本選手でもなく、最後になって中本選手を抜いて
いった山本亮選手でございました。佐川急便に所属はしていますが
一般参加で登場、五輪に近い所までやってきました。中学時代は
報徳学園からの誘いもあったそうです。しかしそれを拒否して
入ったのは県一番の進学校だったそうです。その後は中央大学に。
3回箱根駅伝に出て4年の時に5区を走り区間3位の好記録。
その後佐川急便に入りましてマラソンへの挑戦はまだ4回目です。
これからの伸びに期待が集まります。
さて、この大会でまたも露呈したのが招待選手達の弱さ…。
堀端選手はなんと最後に出岐選手(青山学院大学3年。箱根駅伝でも
その名前が出てくる。ちなみに今年は2区で区間賞を獲得した)に
抜かれる大失態。今井選手については最早名前すら出ない有様…。
招待選手とは何だったのか。やはり慢心、環境の違いでしょうかな?
と良く2chで書かれる様な事を書いておきましたw

さて、これで難しいのは五輪の代表です。2人は多分決定しています。
藤原選手と今回の山本選手については堅いとか。さて、残り1人です。
一般的には中本選手があまり山本選手と差が大きくないので優位と
言われています。河内選手は東京で惨敗しましたので本人がまず
あきらめている感じですが最後まで分からないので…。

では本日はこれで。昼御飯を作ってきますね。
また明日(の予定)でございます。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 12:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。