2012年03月13日

良性発作性頭位眩暈症…?

初めて目にしたこの言葉でございます。これは何なのかというと
アルガルベ杯の準決勝、決勝を欠場したサッカー女子日本代表の
澤選手の病状らしいです。最初は風邪をこじらせたのかなと
思われましたが昨日の診断の結果こういうものだったとか。
平衡感覚を司っている三半規管の問題が原因とか言われています。
幸いな事はかずある眩暈の中ではもっとも軽い部類のものだとか。
1、2週間〜1ヶ月で治るそうです。心理的ストレスや疲労が
原因とも言われています。確かにあのW杯優勝以来、澤選手は
ほぼ無休、いわゆる有名税もあり周囲も騒がしくなりました。
引越しをする羽目になったとも言われていますしストレスは
恐らく代表の中でも一番溜まっていた事でしょうし疲労についても
いわずもがなです。その積み重ねがアルガルベ杯で出てしまったと
いう事なのでしょうね。幸いな事は今後ストレスに関しては
軽減されるかもしれないという事です。アルガルベ杯では準優勝と
なりましたが準決勝では初めて90分でアメリカに勝利、決勝でも
ドイツ相手に0−2から追いつき2−3にされてからもまたしても
追いつく粘りを見せました。これを澤選手がいない状況で女子代表は
やってのけているのです。この結果がありますので今後の澤選手に
かかる精神的負担も少なくなってくればと思います。日本サッカー界の
誇る至宝となった訳ですのでお体はお大事に…。

ちなみになでしこリーグのスポンサーに新たにコナミが参入と言う
話が出ました。コナミといいますとスポーツゲームでもおなじみ。
サッカーゲームに女子を取り上げるものが出るのでしょうかな…?
男子と違う部分があるので難しいかもしれませんが。ただここは
アジアシリーズの方のスポンサーをわりかしあっさりと投げていますので
個人的には短い期間になるのかなと思っています。
あまり期待は…しておりませんよ。ええ。

サッカーと言えばここの所は毎週のように香川選手が活躍をして
いましたがその快進撃にブレーキがかかりました。アウグスブルクとの
試合でいい所無く格付けもワーストに。一方それを抑えた選手の活躍が
取り上げられてマン・オブ・ザ・マッチになった上にその節全体の
試合でのベストイレブンとなりました。その選手は細貝選手でした。
ここ近頃抑えようが無かった香川選手を抑えた手段は徹底した
マンツーマンディフェンス。ドルトムントの監督をして並外れたもの
だったと言わしめました。細貝選手はこれで名を上げる事が出来る
きっかけを作りましたな。ここの所調子は落ちていますがイタリアで
活躍している長友選手に負けじと頑張って欲しいものです。
さて、香川選手ですが日本のサッカー選手の中で最も移籍市場価額が
高い選手になったようです。現在の金額は1700万ユーロ
(18.3億円)。本田選手が今まで1400万ユーロで1位でしたが
香川選手が今月の最新評価額で1300万ユーロから400万上げた為
逆転となりました。ちなみに世界一位は…もう言うまでもないですね。
メッシ選手です。その金額はなんと1億ユーロ(約108億円)!
香川選手約6人…恐るべしでございます…。

本日はサッカーの話題でお届けしました。ではまた明日です。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 15:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。