2012年03月22日

さて、高校野球が始まりました。

そしていきなり第3試合で行われた岩手の花巻東と大阪桐蔭の試合。
最初は両者とも速球150km/hを出す速さを見せます。
いきなり試合を動かしたのは花巻東のみちのくのダルビッシュこと
大谷投手でした。甘く向かった球を見逃さずにスタンドに運んで
いきまして花巻東が先制。さらにその後も1点を追加して優位に
試合を進めました。しかし大谷投手には弱点が一つありました。
実は大谷投手、新チーム結成をしてからというもの…まだ投げた事が
無かったのです。ちなみに予選では外野手として出ています。
そんな不安が的中してしまった後半になりました。
大阪桐蔭はゴロの間に1点を獲りますとこの日守備でいい動きを
見せていた笠松選手が2死1、3塁から外野を深々と突き破る
タイムリースリーベースを打って一気に逆転。この回は花巻東に
とっては不運な内野安打もありましたがやはり…大谷投手の
球威が下がっていたという見方が大きかったです。
7回には田端選手が打った瞬間にこれはヤバイかもと庵が
思った程の滞空時間が長い2ランHR。9回には最早大谷投手に
力は残っておりませんでした。滅多打ちに遭い最後は相手の頭部に
死球。これで交代となりました。173球、11与四死球、9失点。
11三振は奪ったものの悔いが残るであろうピッチングだったように
思います。一方、大阪桐蔭の藤波投手は最初こそリードを許しましたが
その後の修正は上手く行きました。花巻東に対して後半は得点を許さず
勝利を手にしました。ひとまず今回は浪速のダルビッシュの勝ちと
言う事で…。

開幕試合は三重と鳥取城北の試合。6−5とスコアを見るとかなりの
接戦でしたが両者ともミスが多いイメージがありました。
第2試合は浦和学院(埼玉)と敦賀気比(福井)でしたが
ワンサイドゲームと言える展開で浦和学院が勝利。春では
久々の勝利を得る事が出来ました。10−2の圧勝。
以上が昨日の結果。

今日の試合は2試合が終了となりました。
第1試合はここの所連続で出ている感じがする九州学院(熊本)と
久々の北海道からの21世紀枠、女満別の試合でしたが女満別の
投手の立ち上がりを九州学院の打撃陣が襲いまして初回だけで4点を
リードしました。このリードが最後まで重くのしかかりましたね。
女満別もいい当たりは打ったものの九州学院の守備範囲に収まる事多く
点を獲る事叶いませんでした。6−0で九州学院の勝利。
第2試合は健大高崎(群馬)と天理(奈良)。去年の夏に
Be togetherやwow wowを使った校歌として
ネタになった健大高崎。野球ではひたすらに機動力を活かします。
その野球は特に後半において天理を大混乱に陥れる事となりました。
結果、天理らしからぬエラーが連発。途中まで接戦だった試合は
結局9−3で健大高崎の大勝で幕を閉じましてこの日2度目の
Be together校歌が甲子園に鳴り響きましたとさ
(1度目は2回表、裏に行われる両校の校歌演奏で流れた)。
天理の誤算はエースピッチャーが背中の張りを訴えた結果早々に
替える事となった事でしょう。交代で入った投手も頑張ったものの
最後は健大高崎に押し切られました。

この後に行われるのは石巻工業(宮城・21世紀枠)と
神村学園(鹿児島)の試合。選手宣誓で底力を見せると去年の
楽天の嶋選手ばりに先制した石巻工業の戦いと流れるような
演奏が御馴染みの神村学園の演奏に注目をしたいです。

本日はこれにて。明日は用事ありますのでお休みです。ご了承を。
また明日ッス。そういやあ川上憲伸投手、中日に復帰しましたね…
メジャーでの経験はどう活かされるのか注目をしたいです。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 13:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。