2012年04月20日

今日もMLB.jpで。

試合を見ております。今日はダルビッシュ投手が先発の試合。
都合により見る事が出来たのは6回くらいからでしたが
3試合実戦で試合をして慣れも出てきたのでしょうかな…
7回途中を1失点で降板となりました。最後はダブルプレーの
コースだったボールを守備がもたついてランナーが貯まって
しまうアンラッキーがありましたが次打者を三振に抑えて
次の投手にマウンドを譲りました。その投手は2人をきっちりと
抑える事に成功。これがでかかったですね。その後レンジャーズ
打線が躍動し、10−3の大量リードの試合になりました。
かくしてダルビッシュ投手は2勝目を挙げる事となりました。
120球の投球数はメジャーリーグにしては結構多いですね。
ちなみに失点もセカンドゴロの間の失点ですのでヒットを
打たれての失点では無かったというのがポイント高めですな。
前進守備をとっていれば無失点だったかもしれません。
ここまで来ると次はもうそろそろ…完投勝利か完封をして
欲しいかなと言う感じになりますね。

サッカー界では香川選手の動向がいよいよ慌しくなってきた
感じが致します。マンチェスター・ユナイテッドにACミランが
狙っているらしいという話が出てきています。今年はもう少し
活躍が出来ればリーグ全体でのMVPすら夢ではないという
所にまで来ている香川選手。ドルトムントの2連覇を置き土産に
夏に移籍となるのかは注目するところです。まあもっとも…
本田圭佑選手は…2、3年前から言われていますが結局今も
ロシアですから…こう言った話は半信半疑で聞いておくと
いいのかもしれません。ちなみにマンUが用意していると
言われている年俸は550万ユーロとの事で日本円ですと
5.9億円です。ちなみに今まで日本人で最高の年俸を
獲っていたのは…パルマにいた時の中田英寿氏。この時でも
250万ユーロです(当時の3.3億円)。これと比べても
まあ円高ではございますけれどもかなりの評価をしていますな。
さらにドルトムントも年俸3.2億で3年間の契約オファーを
出していますが交渉がまとまらない場合は移籍金が発生する
今年の夏で放出をするらしいです。つまりマンUとドルトムントとの
間での意思が一致する可能性がある訳です。
ブンデスリーガの終了後、この話は注目を増してくるかもしれません。
今のうちに覚えておいた方がいいかもですね。

では今日はこれにて。また明日に致します。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 12:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。