2013年12月10日

1年7ヶ月間の復習をしてみよう 其の6

特に復習する事も無いなあ…と思いましたがよう考えたらあっさり
見つかるという展開。今回はスポーツでございます。

嗚呼…とうとうこの時が来てしまったという感じですね。
ジュビロ磐田、J2降格。

今年の始めの辺りでは開幕スタートダッシュに大失敗した清水が
いよいよ降格かと思ったものですが守備をやや鍛えなおし、
そして大前選手がドイツから戻ってきたり村田選手を獲得した結果
攻撃の選択肢も多くなり何とか窮地から脱出することに成功。
最終的には賞金を得られない程度の順位を確保しました。
清水の欠点は若手の積極的な起用です。長所でもあるのですが
これが元でベテランを放出する事が多々あります。その結果
高原選手や小野選手、数年前は伊東輝悦選手や市川選手を
戦力外にしてしまいました。これらの選手が今も残っていたら
きっと活躍してくれていたであろうと思いますと残念でなりません。
今年横浜F・マリノスが多くのベテランの活躍により2位になった事を
考えてもこのような選手の力というのは重要でございます。

話を磐田に戻します。こちらも若手選手が多く世代交代の真っ最中という所。
最初はこちらがまだ清水よりはマシかなと思いました。しかしその予想は
清水が回復すると同時に裏切られることになります。とにかく点を
取られすぎる。それも1点取られたら2、3点と連続で奪われる事も
決して珍しくないのです。しかもこれはここ数年前からずっと続いていた事。
その上に今年は点を獲れないという事も重なりました。結果勝てる試合が
引き分けとなり引き分けの試合も負けになり…この結果です。
J2の舞台というものは決して楽ではありません。幾つもの降格チームが
苦戦をして一年を終えてきたのです。勝ち点の多さに関わらず。
距離の遠さ、ピッチの悪さ、試合間隔の短さ等…様々な違いがあります。
長い一年になるでしょうがどうにか課題の守備を整えなおして欲しいです。
それさえ出来れば何とかなるのではと思うのです。

では本日はこれにて失礼を。また次回。


posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 14:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。