2017年09月09日

9月3日 鷲宮土師祭レポート2

どうもです。
レポートを書こうと思ったらその前の纏めの文章が
掛かってしまい進行が遅いですw恐らく記入に今回も
数時間かかるはず。なお、昨日の文章は四時間くらい
かかりました。今回はどうなりましょうか。とりあえず
これからタイムシフト予約をしておいた土師祭の様子を
見ながらレポートを書くのでかなり遅くなりそうです。
それでは…

鷲宮神社に行く前に夕食を頂く事に。店で食べるのも
良いですがやっぱり祭りは屋台で食べたい部分も。
という事でクレープを発注致しました。
さらに魚光さんで弁当を購入。こちらは後程。

鷲宮神社に戻りますと既に多くの人がスタンバイ。
すっかり暗くなりましてその時を今かと待ち受けます。

まずは千貫神輿が出発。ついでらき☆すた神輿も
出発するわけですが今年は例年と違う事が一つ。
ここでの撮影は禁止となったのです。その理由は…

先程トークイベントでも出てきました福原香織さんが
号令を掛ける為。権利とかの問題がありますので
撮影禁止なのでした。ちなみにこの号令掛け、今回が
初めての事なので今後も恒例となるのか楽しみです。
福原さんの檄が掛かってらき☆すた神輿もスタート!

千貫神輿の独特の掛け声もなかなか良いのですが
らき☆すた神輿の掛け声も負けはしません。
キャラの名前を連呼します。単純ですがやりやすい。
最初の頃はひねっていたものもあったらしい。
みさお→ヴァで返すとかw
今年の掛け声はやはりご本人が来ておりますゆえ
つかさからスタート。以降かがみ、みゆき、こなたと
続いてみさおに。気合を上げて声を上げます。が、
数回であやのに。「はえーよ」と思っていたら他の方も
言っていた(ように聞こえた)wここからゆたか、
みなみ、パティと続いてゆかり(みゆきの母親)に?
?と書いたのは正直自信が無いので。以降もこの様な
事がよく続きました。かがみに戻ってまつり(柊家の
次女)、いのり(同じく長女、ちなみに三女がかがみ、
四女がつかさ)、ほのか(みなみの母親)、みき
(柊家の母親)、かなた(こなたの母親)、やまと
(ゲーム・陵桜学園桜藤祭で登場した謎の生徒)と
続きます。まだまだ初参戦ゆえ慣れる段階の状況で
一区が終了。それぞれの区が終了する毎に神輿を担いで
いる人々に水やアイスが振舞われますが…
「余っているので担いでいない方もどうぞ」という事が
多々ありましてご相伴に預かる事にw
らき☆すた神輿の進行速度は基本千貫神輿に準じたもの。
千貫神輿は3.5トンもの重量を誇ります。よって時間も
当然掛かるのです。ちょっと時間が出来ましたので近くに
あった旗でも撮っておきました。

washinomiya201709-11.jpg
もう少し綺麗に出来ればよかったですが。ちなみに
土師祭の字の下に何か書かれているかというと
デキル女 by 小神あきら
というあきら様直筆にあるありがたいお言葉ですw

休憩終わりまして二区に。コールは(区切りの所の記入をメモに
しておりませんので1区〜3区が混在していると思われる)
かがみ、つかさ、こなた、みさお、みゆき、あやの、
こなた、かがみ、つかさ、みゆき、みさお、あやの、
ゆたか、みなみ、ひより、パティと続きます。この頃に
なると慣れが出てきます。らき☆すた神輿では区の
スタート時とゴール時に拍子木が一本締めのリズムで
叩かれます。庵もここできっちりリズムに合わせます。
大道芸W杯でいつもこのようなものを最後にしている故
その血が騒ぎますな。ちなみに大道芸W杯は五本締めの
形ですが最初に小指だけ、次は薬指を加え、以降中指、
人差し指と一本ずつ指を多くしていって最後は全力の
五本の指で一本締め。結構盛り上がりますのでお試しを?

らき☆すた神輿は既に三区となっています。折り返し
地点も見えてきましたね。するとらき☆すた神輿の指揮を
する人からこんな言葉が「セブンイレブン前ですので
ななこでいきまーす」言うまでもありません。
nanacoと掛けていますw

washinomiya201709-12.jpg
単純ではありますが結構盛り上がる折り返し地点前です。

ここで少々休みの時間が取られます。二区では胡瓜が
振舞われましたが三区はチョココロネ。ちなみにこれは
余りは出ません。なんせ写真撮影にも使いますからな。
ここで神輿参加者の写真撮影が行われました。何故か
しまいにはにっこにこにー(ラブライブ!の矢澤にこの
持ちネタ)をやっていましたがw

庵はここで撮影タイムに。少しは慣れた携帯電話撮り。
光を抑えてなるべくきっちり見えるようにせんとなー


washinomiya201709-13.jpg washinomiya201709-14.jpg
右側の方、光が明るすぎて見えないので別個撮って

washinomiya201709-15.jpg
このサインは去年の土師祭で来ました柊家の四姉妹の
うち三名(いのり、まつり、つかさ)のもの。いのりは
升望さん、まつりは明坂聡美さん、つかさは福原さん。

washinomiya201709-16.jpg washinomiya201709-17.jpg

撮影終了して、らき☆すた神輿も後半戦、四区に進みます。
コールはやまと、こなた、いずみ、(アニメでは未登場の
ゆたかのクラスの学級委員長、隠れオタク)かなた、
ひかげorひかる(前後の状態からひかるかな?ひかるは
みさおやかがみのクラスの担任、ちなみにななこの方は
こなたのクラスの担任)、ふゆき(保健室の先生)、
みき、ひなた、ひかげ(この姉妹、最初はらき☆すた
萌えドリルというゲームで出ていたオリキャラ。
最終的にらき☆すたのスピンオフ的作品である
宮河家の空腹の主人公に。実はらき☆すた本編にも
出ていたりしています。)、こう(やまとの友人、原作
では登場しています)と続いて、
あきら様ここにきてやっと初コール。みさおの時同様
声を上げます。そして白石(声は通常に戻すw)。
ただお(柊家の父親、鷲宮神社がモデルな鷹宮神社の
神職である)、そうくん(そうじろう。こなたの父親。
こなたへの愛情が深い。深すぎて引かれるwそうくんの
呼び名はかなたが呼んでいるもの)、こなちゃん
(こなた。つかさはこう呼んでいます)。ここにきて
呼び方を変えるパターンが多くなってきました。
振る舞い品は四区と五区でアイスと胡瓜が支給。
実は結構時間が掛かっているらき☆すた神輿の渡御。
千貫神輿もそうなのですが三時間くらいかかります。
しかしあっという間でございます。最終六区へ。
コールはかがみ、つかさ、みゆき、みさお、あやの、
こなた、かがみ、つかさ、みゆき、みさお、つかさと
進んでいよいよクライマックスが近づいた時に事件が
起きたのでした。指揮をかける人が
「次はあやのですがちょっと指向を変えて
背景と言いますのでコンビで返して下さい」

そんな指向要らんから!

背景コンビを説明致しますとみさおとあやのの二人を
示すものでかがみがクラス替えの時にこなたと一緒の
クラスになれないのを残念がっていると5年連続で
同じクラスだなーとみさおが言っているのですが
かがみが反応出来ない事に対してみさおが
「私はさながら背景ですぜ」と返すというシーンが
ある訳です。その後らき☆すたのキャラクターソング集で
背景コンビとしてCDが出たりする訳ですが基本的にこの
背景とは自虐的な言葉でございますし後にらき☆すたの
OVAが出た時にもバレーボールで負けて背景から
脱却できない事を嘆いていたという事もありまして庵的に
この言葉は少なくとも好きではないのです。
最初は付き合いもありますのでコールをしていましたが
連呼する感じの段階では流石に行えませんでした。
ご了承願いたいものです。
まあみさお当人はむしろ売れてよくね?くらい思って
いるのかもしれませぬがここら辺は個人の感情。
好きな人にとってはそのキャラクターは主人公と同格
ご理解願いたいものでございます。さあ続きだ!

鷲宮神社に戻ってきました千貫神輿とらき☆すた神輿。
コールの方も最後に向けて盛り上がりを加えます。
つかさコールをした後にはかおりん(福原香織さん)、
みなみ?(前後からして自信が無い。普通はいのり
でしょうからなあ。それともこのまつりは土師祭の事
なのだろうかと思ったりも)まつりと続き鷲宮、
らき☆すた、美水(よしみずかがみ。らき☆すたの作者)
でコールを締めくくり最後は三本締め。
あらん限りの力で庵も三本締め。かくして合計十回目の
らき☆すた神輿と千貫神輿、無事に渡御を終えました。

少しは余韻に浸っておりました。千貫神輿に台車が
付けられ元の場所に戻る風景は祭りの終わりを
思わせるもので少々の寂しさを感じさせたり。
だが、そんな事は言ってもられないのです。何故なら…

終電が迫っている!
とはいっても最初はそれほどでも無かったり。時刻には
まだ若干の余裕あり。これは分かりきっていましたので。
宿に戻る電車の中、志保車さんに挨拶をして(次の時にも
より元気で会えますように)北千住で値段が若干安くすむ
JRに乗り換え。しかしこれが混乱の始まり。何故ならば

JRの方の終電は把握していなかったから
突き動かすのは根拠の無い自信のみ。常磐線で日暮里駅に
移動、京浜東北線で東京駅に。さあ、最後の総武線は…

間に合った!0:05終電!
数分で無事に宿のある馬喰町に着きました。電光掲示板には
千葉方面運転終了
という字。そして近くには3名の同好の士が。
兵どもが夢の跡という感じ。お疲れ様でした!

宿にてシャワーを浴びて夜食タイム。なんせ今
食べないと傷んでしまう。という事で夕方に
魚光さんで買った弁当を開きます。

washinomiya201709-18.jpg
質の悪い携帯写真で恐縮でありますが、
柊かがみのとっても質素なお弁当。

washinomiya201709-19.jpg
中身はこんな感じ(ジャスミン茶は付いていません)。

とっても大きい鮭の切り身が美味しいです。この
レベルとなるとなかなか無いのでは?と思います。

washinomiya201709-20.jpg
割りばしにも一工夫が。実は八年前にも同じ弁当を
(写真提供:志保車さんで)映しているのですが
その時とは割りばしの袋が違うものになっています。

全部食べまして割りばしの袋と弁当の表紙を保存して
食事完了。結局この日寝たのは丑三つ時過ぎでした。

これにて土師祭のレポートは終了でございます。結局
記入には3時間が掛かりましたな。ここまで
見て下さった皆様有難うございました。これを見て
ちょっとでも楽しそうと思った方は是非来年以降の
土師祭や初詣、柊姉妹誕生日イベント等に訪れて
見ては如何でしょう。百聞は一見に如かずと申しますし。



posted by 駿州院祥蓮(趙援) at 16:24| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。